ウェアラブル点滴のアイデア。吊るさない点滴は電池で動くペリスタポンプでOKでは?

公開日: : 最終更新日:2018/11/03 koreda日記

吊るさない点滴がいまテレビでやってたのですが、点滴を押して出すとかナンセンスすぎる。
点滴は、サラサラかもしれないしドロドロかもしれないし、点滴スピードと量を調節できないといけない。
それを、従来のように吊るさない状態で実現する必要がある。

それを点滴の袋を押しつぶすスピードだけで調節する実現するだなんてナンセンスすぎる。それじゃあ一生かかってもできない。
ポンプしかないでしょう。
さらに、もし患者の体内に入る液体に触れる機械を作るならディスポーサブルしかありえない。使い捨てってこと。でも、液体を空気にさらすことなんて衛生上考えられない。なぜならこれを使うのは患者自身だから。

すでにシュアヒューザーという医療機器がある

風船が縮む力を使用して持続注入している。
手術時などに使う使いきりの材料。
手術時に材料を使ったりするシュアフューザーPCAセット。
硬膜外麻酔の持続注入や癌の化学療法持続点滴なんかに使う。

これは容器が使い切りで看護師などが薬剤を注入しなければならない問題。
テレビでやってたのは点滴を出さずに袋のまま押し潰すことができるという利点。

だけれども袋を押しつぶすのと薬剤のみをおしだすのとでは全然違う。

ウェアラブル点滴のアイデア

吊るさない点滴は電池で動くペリスタポンプでOKでは?
袋に入ったものを袋に入ったまま持続的に抽出する仕組みはもうすでにその仕組みはあるでしょう。
透析のペリスタポンプです。

私がウェアエアブル点滴を作るなら、電池でうごく携帯用ペリスタポンプだと思う。
点滴は押したりできないように弁当箱のようなものに入れ、点滴からでたチューブを電池で動くペリスタポンプにつければいい。
(あの真空ポンプの頑丈な箱は、点滴パックの保持には役立つ)

ポンプの流量やスピード、時間はすべて解決できる。
もうすでに解決されている技術だし。
別に新しいこと考えなくてもウェアラブル点滴は可能では?というお話でした。

ほかにもこれ読んでみませんか?

男性は手が冷たいとき股間で暖めるのお勧め

手が冷たくてどうしようもないくてすぐに暖めなくてはいけないとき、男性な

病院の受付でクレームを減らす方法

最近の私のお客様対応状況の報告です。病院の受付を何年もやってます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

ラインスタンプで後悔、文字が黒だと背景黒で文字読めない
ラインスタンプで後悔、文字が黒だと背景黒で文字読めない

言われるまでまったく気づかなかったんですが、 ライ

ハッピーセットのプラレールの後ろと後ろ、お尻とお尻をくっつける方法
ハッピーセットのプラレールの後ろと後ろ、お尻とお尻をくっつける方法

マクドナルドのハッピーセット トミカのミニカーとプラレ

傘カードで足し算と引き算
傘カードで足し算と引き算

傘の中の〇の中に数字を書くゲームです。 はじめは足

no image
児童福祉事業所を1円で買いたい、M&Aしたい話

日本ブレイク工業見たく、買いたい、買いたい、事業所ごと買

no image
40歳年収300~400万で投資しないで貯金4000万円あったのすごくない?

今は日本株を初めて1年ですが、 投資は本当にいままでし

→もっと見る

PAGE TOP ↑