ウェアラブル点滴のアイデア。吊るさない点滴は電池で動くペリスタポンプでOKでは?

公開日: : 最終更新日:2018/11/03 koreda日記

吊るさない点滴がいまテレビでやってたのですが、点滴を押して出すとかナンセンスすぎる。
点滴は、サラサラかもしれないしドロドロかもしれないし、点滴スピードと量を調節できないといけない。
それを、従来のように吊るさない状態で実現する必要がある。

それを点滴の袋を押しつぶすスピードだけで調節する実現するだなんてナンセンスすぎる。それじゃあ一生かかってもできない。
ポンプしかないでしょう。
さらに、もし患者の体内に入る液体に触れる機械を作るならディスポーサブルしかありえない。使い捨てってこと。でも、液体を空気にさらすことなんて衛生上考えられない。なぜならこれを使うのは患者自身だから。

すでにシュアヒューザーという医療機器がある

風船が縮む力を使用して持続注入している。
手術時などに使う使いきりの材料。
手術時に材料を使ったりするシュアフューザーPCAセット。
硬膜外麻酔の持続注入や癌の化学療法持続点滴なんかに使う。

これは容器が使い切りで看護師などが薬剤を注入しなければならない問題。
テレビでやってたのは点滴を出さずに袋のまま押し潰すことができるという利点。

だけれども袋を押しつぶすのと薬剤のみをおしだすのとでは全然違う。

ウェアラブル点滴のアイデア

吊るさない点滴は電池で動くペリスタポンプでOKでは?
袋に入ったものを袋に入ったまま持続的に抽出する仕組みはもうすでにその仕組みはあるでしょう。
透析のペリスタポンプです。

私がウェアエアブル点滴を作るなら、電池でうごく携帯用ペリスタポンプだと思う。
点滴は押したりできないように弁当箱のようなものに入れ、点滴からでたチューブを電池で動くペリスタポンプにつければいい。
(あの真空ポンプの頑丈な箱は、点滴パックの保持には役立つ)

ポンプの流量やスピード、時間はすべて解決できる。
もうすでに解決されている技術だし。
別に新しいこと考えなくてもウェアラブル点滴は可能では?というお話でした。

ほかにもこれ読んでみませんか?

ogata

O型は一緒に作業したい共同作業が好き

直ぐに人を巻き込んでしまうO型。 できれば一緒に作業したい、共同作業

ユニクロのスポーツパンツです

弟にユニクロのスポーツパンツもらったら通勤にぴったりでした

非常に暖かいパンツで気に入りましたが、難点もあります。 冬ズボン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

奈良県の住宅展示場で期間限定(1日限定)のドクターイエローのイベントがやっていたので行ってきました
奈良県でドクターイエローに乗りました、住宅展示場のイベントです

奈良県の住宅展示場で期間限定(1日限定)のドクターイエロ

no image
インフルエンザの予防接種に行くと39度の熱。突発性発疹かもと

2歳の子供をインフルエンザの予防接種に連れて行ったら39

no image
特許:特定の言葉の呼び出しベル、犬や猫の翻訳機の人間版

病院向け、どこでもいいが耳が聞こえない人用の名前を呼ばれ

no image
A3レーザープリンターでA4用紙が認識できない

A3対応レーザープリンター(複合機)でA4用紙が認識でき

保険証のイメージ
切り替わる前の保険証をコピーする人は神。患者に電話した時思ったこと

転職などで保険証の切り替えをした時、過去の保険証をコピー

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑