放任主義で育った私は奴隷で日銭を稼ぐ

公開日: : 最終更新日:2016/03/12 koreda日記 ,

そういえばうちの両親の子育て方針は放任主義だった。
よく、母からは、「昔はクラブや運動をやりと言ったのに私が何もしなかった」と言う。
何もしなかったのは両親、自分お互いさま。

両親は、特に父親は職人肌で友人も少なかった。
私は仕事というお金を稼ぐという行為がどれだけ大事なものか、子供のころわからなかった。
だから、世の中にはどんな仕事があって、辛い汚いきついの3Kを実感することもなかったし、給料がいい悪い仕事があるということさえも知らなかった。
実際、大学の頃バイトをして初めてお金をもらって浮かれた。

実はその「浮かれる」というのを中学生や高校生ぐらいにしておくべきだった。
私は大学、社会人になり、そのまま奴隷のような年収300万円スパイラルに落ちることになります。

最終的に落ち着いたのは病院の事務なんだけど

今は医療事務をしているんだけれど、これは27歳ぐらいのころ、営業をしていて初めて知った職。
27歳ごろに新聞の広告で転職した。
結局それから2~3度転職しても、同じ病院で働いていて、本当に病院で働くということを子供のころし知れなかったことに後悔する。
私は結局、定年まで病院で事務として働くことになるでしょう。

若いころに病院で働くということが少しでも意識できていたら、せっかく4年制大学を卒業しているのに、まったくお門違いの仕事もしなかったかもしれない。
小中高大と、なんの目的のないまま、ただ勉強だけして、結局機械にのめりこむことができず、デザイナーになってしまった22歳ごろ。

日銭を稼ぐような仕事なんて価値がないよ

放任主義で育った私は奴隷で日銭を稼ぐ
子供が教育できる立場になったら、こういう未来を見ないで、ただ毎日うろうろ生きただけの青春は送らないようにさせたいと思う。
クラブも運動もしていないし、上下関係なども若いころ学んでいない。
社会でいうと相当な貧乏人・奴隷の分類に入るでしょう。私は。
だってバカだから打開できる策を考えようにも考えられない。

ただただ、安月給で毎日長時間、病院で事務をして日銭を稼いでいるだけ。
放任主義はよくないなと、大人になった自分を見て思いましたとさ。

ほかにもこれ読んでみませんか?

着丈、身幅、袖丈、肩幅、裄丈の見方

着丈、身幅、袖丈、肩幅、裄丈の見方

ネットで洋服を注文するときは、かっこいい形や色、模様、素材がわかったと

革細工道具が入った棚

革細工で使う道具の紹介。父の趣味

弟と父は趣味で革細工をしています。 失敗作も多いみたいですが、財

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

うちのネット回線もビッグローブです。キャッシュバッグ+工事費無料がお得です。

no image
わんこそば保育園、わんこそば幼稚園って何?

保育園や幼稚園ではわんこそばが流行っているらしいです。

no image
必死と頑張るがダメな理由

アラフォーになって感じたことです。 遅いわ! 必

no image
学生の頃、仕事の厳しさって知ってた?

仕事って定年まで働きづつけることができないって学生の頃知

no image
昔の自分に教えたい昼ごはん100円以内の大切さ

昔、独身のとき総合病院の医療事務で勤めていたころ、お昼ご

奈良県医療センターセブンイレブンとカフェ
奈良医療センターのレストランの値段?カフェのパンケーキ?

奈良県王寺駅で出産と言えば西和医療センターでしたが、分娩

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑