インナーマッスルはバランスを取る姿勢を正す筋肉

公開日: : 最終更新日:2014/05/15 koreda日記

インナーマッスルはバランスを取る姿勢を正す筋肉
最近、筋トレを始めました。
始めた理由はいっぱいあるんですが、仕事が忙しくちょっと筋肉がついてきたので相乗効果でもっとつけてしまおうと思ったんです。
さらに、インナーマッスルを鍛えることが脳の活性化にも繋がるとテレビでやってたからです。腹筋が割れるぐらいにしたいですね。

インナーマッスルを鍛える動きが脳の活性化に繋がる

インナーマッスル、深層筋は、普通の筋トレでは鍛えられません。
いつもと違う動き方をしないと鍛えれないわけです。
いつもと違う動きは、脳の血流が上がる。
それが認知症の予防になるそうです。

若い人でも脳は使わないと衰えるので、運動で使えるのであれば簡単ですよね。

鍛える時はゆっくりが基本

体の負担が軽い為、高齢者でも出来る。

インナーマッスルはバランスを取ったり姿勢を正す筋肉

インナーマッスルは、姿勢を正す日常生活に何気なく使ったり、動きの微調整をする筋肉。ここが大きくなれば日常動作だけで代謝が上がる。

バランスが取る筋肉でもあるので、野球選手やスキージャンプのレジェンド葛西紀明さんも取り入れているそうです。インナーマッスルを鍛えると、自分の持っている筋力を無駄なく発揮できるようになるそうです。
さらに代謝が上がるとダイエットにも繋がります。

腕立て伏せと腹筋もできない様なガリガリがどうやって鍛えているのかはまた後日のエントリーで。

参考:フラダンスが認知症予防にインナーマッスル

ほかにもこれ読んでみませんか?

ざ・めしや前交差点

中環の大渋滞で帰宅に1時間多くかかった

今日はいつもより早く帰宅し、7時前に家についてテレビ見ながら夕食を

トイレを開けたまま用をたす人が私です

トイレを流さないし電気つけないし開けたまま用をたす人が私です

私はトイレを開けたまま用をたすんですよ。 しかも特に夜は電気もつけな

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

うちのネット回線もビッグローブです。キャッシュバッグ+工事費無料がお得です。

no image
自分の子供に医療の仕事を勧めようと説得する例文

あの子と自分は仲がいいが、あの子は嫌い、ソリが合わない。

no image
鼻の脂で傷だらけのCDが1回だけ読める

昔のCDRデータコピーしてもう捨てよう。 だがディスク

トランポリンの説明書をスキャンしてアップ
トランポリンの説明書をスキャンしてアップ

以前購入したトランポリンの説明書をそろそろ捨てるのでスキ

営業の頃「じゃあ」と言うとキレられた
営業の頃「じゃあ」と言うとキレられた

昔営業を1年していた頃、先輩と話をするとき、つい「じ

no image
年収300万で突然死しそうな仕事ってどういうこと?

さすがに夜勤中の突然死はあり得ると思ってきた。 当直明

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑