絶望を感じるを少なく生きるワーキングプア

公開日: : koreda日記

悲しいけどワーキングプアは背水の陣だと思うんですよ。
壁が破られると後は崖しかないしかないわけで、崖から落ちると本当の極貧生活が待っているんだと思います。
私の持論ですが、絶望が大抵崖から落ちる原因だと思います。
だから絶望に陥らないようにすればいいと思います。

絶望する状態というのは、災害、家族が病気に、自分が病気になった、収入源がなくなった、仕事を辞めたなど不幸な出来事です。
対処法はできれば日常生活で覚悟を持って生きることです。
さらに、どん底に落ちようとしても落ちないような精神的、金銭的な対策を持つことです。

絶望を感じるを少なく生きるワーキングプア
「ぼのぼの」のように、「もうだめだ~」とならないようにしないといけません。
ぼのぼのは、シマリス君やアライグマ君のような絶望から救ってくれる仲間がいますが、普通そんな都合のいい人はいません。
悲しいかな誰も助けてくれない自己責任の世界ですから。

精神的対策、金銭的対策でマージンを取っておくこと

崖に落ちたければ落ちればいいんですが、日常で覚悟を持つ精神的対策、10年ぐらい働かなくても良いような貯金、副収入源の対策を取っておき、ワーキングプアで後ろは崖だけど落ちないようにすればいいです。

よくドラマなんかで、「何もかも終わりだ」て言う人がいますが、
成人した大人ならば、今まで何をしてきたんだと言いたいところです。
とはいえ挑戦することは駄目とは言えませんが、現状失敗したら終わりの社会なので失敗しないようにするしかない。
サラリーマンで年収300万円で働くというのはそういう、無難な生き方しか道がないのです。だって失敗するとすぐに崖から落ちるから。

人に流されない言いなりにならないこと、自分にブレないこと

不幸になる原因にはよく、他人が絡むことがあります。それは収入源である仕事には大抵人が絡むからです。ただ毎日会社にすがりつくだけであれば、会社の人は自分にとって絶対的存在になるでしょう。
その絶対的存在の人間に、虐められたり、ハブられたり、陥れられたりしたら絶望を感じるかもしれません。自然災害や病気は誰にも予想できないのに対し、仕事での人間関係は予想できることでしょう。

ブレないで覚悟がある人が絶望を感じにくいのではないかと思っています
貧乏人風情が何を言ってるんだと言われそうですが、私はそう思ってます。

ほかにもこれ読んでみませんか?

唇をテープで止めて寝ると虫歯にならない

唇をテープで止めて寝ると虫歯にならない

唇の上と下をテープで止めて寝る。 絆創膏(バンドエイド)の切れ端で唇

ホイール前輪塗装

自転車のホイールのリムに色を塗った

今年の最後の日、今日こそ年賀状を作ろうとしたら 友人が遊びに来ま

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カツを揚げる10秒待ってからかき混ぜる
油2センチ、塩で180度、バッター液でカツをカリッと揚げる

ためしてガッテンでやっているカラカラパリパリでカリッとに

受験生は薬局でヒロポン買って医大に入って医者になった
年収300万円でも私学の医学部のお金の準備は可能だが高偏差値教育は資金不足

未来の話なので一旦もう忘れるのでメモした。 重要な

学力という格差社会に負けた
40代にもなって年収300万円台は負け組

現代日本の資本主義の稼ぎ方を40年かかっても理解できなか

事務は転職したら3倍働かないといけない
手取りの3倍稼ぎなさいは今でも心に残る言葉

昔、ホームページ制作をリース契約させるホームページ制作会

プラレール博は想像以上に渋滞・人混み・行列・待ち時間
プラレール博は想像以上に渋滞・人混み・行列・待ち時間だった

こんなもんじゃありません、入り口は外から大行列。入る

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑