絶望を感じるを少なく生きるワーキングプア

公開日: : koreda日記

悲しいけどワーキングプアは背水の陣だと思うんですよ。
壁が破られると後は崖しかないしかないわけで、崖から落ちると本当の極貧生活が待っているんだと思います。
私の持論ですが、絶望が大抵崖から落ちる原因だと思います。
だから絶望に陥らないようにすればいいと思います。

絶望する状態というのは、災害、家族が病気に、自分が病気になった、収入源がなくなった、仕事を辞めたなど不幸な出来事です。
対処法はできれば日常生活で覚悟を持って生きることです。
さらに、どん底に落ちようとしても落ちないような精神的、金銭的な対策を持つことです。

絶望を感じるを少なく生きるワーキングプア
「ぼのぼの」のように、「もうだめだ~」とならないようにしないといけません。
ぼのぼのは、シマリス君やアライグマ君のような絶望から救ってくれる仲間がいますが、普通そんな都合のいい人はいません。
悲しいかな誰も助けてくれない自己責任の世界ですから。

精神的対策、金銭的対策でマージンを取っておくこと

崖に落ちたければ落ちればいいんですが、日常で覚悟を持つ精神的対策、10年ぐらい働かなくても良いような貯金、副収入源の対策を取っておき、ワーキングプアで後ろは崖だけど落ちないようにすればいいです。

よくドラマなんかで、「何もかも終わりだ」て言う人がいますが、
成人した大人ならば、今まで何をしてきたんだと言いたいところです。
とはいえ挑戦することは駄目とは言えませんが、現状失敗したら終わりの社会なので失敗しないようにするしかない。
サラリーマンで年収300万円で働くというのはそういう、無難な生き方しか道がないのです。だって失敗するとすぐに崖から落ちるから。

人に流されない言いなりにならないこと、自分にブレないこと

不幸になる原因にはよく、他人が絡むことがあります。それは収入源である仕事には大抵人が絡むからです。ただ毎日会社にすがりつくだけであれば、会社の人は自分にとって絶対的存在になるでしょう。
その絶対的存在の人間に、虐められたり、ハブられたり、陥れられたりしたら絶望を感じるかもしれません。自然災害や病気は誰にも予想できないのに対し、仕事での人間関係は予想できることでしょう。

ブレないで覚悟がある人が絶望を感じにくいのではないかと思っています
貧乏人風情が何を言ってるんだと言われそうですが、私はそう思ってます。

ほかにもこれ読んでみませんか?

年収100万円時代は安倍首相によって起こされるのか

年収100万円時代は安倍首相によって起こされるのか

基本給+残業代+当直手当でも年収300万円台なのに、残業代が0にな

若者が未来に向かってダッシュ

医療事務の専門学校に面接だけで合格し入学することに

専門学校の面接に合格したらしい。 通常の面接時間は10~15分の

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
現金で買う人をお金持ちだという人はアホ…車+マイホーム+子供

現金で買う人をお金持ちだという人はアホ。 私は現金

no image
飯田ホールディングの建売は手数料がかからない0円の業者がある

駅近の中古住宅を結局購入しましたが、これをだいぶ早く知っ

no image
死に地、袋小路の分譲住宅は村八分やルールに注意なので住みたくない

家や賃貸探しで見ておいた方がいい3つのこと。 1.

no image
離職率が高い職場で生き残る人は責任がない人です

総無責任。 離職率対策は総無責任化しかないと思っている

no image
いい会社でうつ病になる人っていいよね

別にパワハラをするしないではなく、 いい会社=うつ病に

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑