ブラック企業で嫌がらせ陰口に耐える対抗する方法

公開日: : 最終更新日:2013/08/19 koreda日記

リアルタイムで受ける攻撃には見限って逃げることがお勧めです。
反撃する場合は、周囲が見ている中で、できるだけリアルタイムがいいです。
後から反撃すれば逆に自分の評価はガタ落ちになります。それなら逃げましょう。
見限るとは、見込みがないとして諦めることです。
嫌がらせに耐える精神状態を作るにはまず自分の行動原理を見直しましょう。

原則自分に不利益になる事を相手から受けない

私たちは自分の利益に基づいて行動することが重要です。
自分に利益をもたらす見込みが無い場合はそうそうに反撃するか逃げるべきです。
特にリアルタイムで反撃、リアルタイムで逃げることが重要です。

考えさせる時間を与えると、相手より一枚上手じゃないと勝てないです。
ですから後から言い返したり、その話をぶり返したりするのはやめましょう
大抵自分より長く経験がある人の一枚上手をいくのは難しい。
だからリアルタイムにこだわります。相手に時間を与えるぐらいなら逃げた方がましです。

社会は少数の誰かが徳をし、大多数の誰かが損をすることで成り立っています。
人間社会を凝縮した社内でこういう損の押し付け合いをすることは別に珍しいことではないです。

嫌がらせ陰口は反撃に対し言い返せない、逃げても追いかけてこないのが特徴

嫌がらせや陰口の特徴は、逃げたところで追いかけてこないところです。
もう一ついうと、その場で反撃すると相手は黙ることが殆どです。
もしくは精神論で逃げられます。精神論ではなにも解決しませんのでそれはそれでありかと。つまり、重要な用件ではないんです。

社会人が集まって利益追求活動をする職場で嫌がらせ陰口を叩く人の言動が無意味だと印象付ければ、もうこちらの勝ちです。
なぜ嫌がらせ陰口をいう人に取り巻きがいるのかといえば、
その嫌がらせ陰口がなんらかの影響力を持つと周囲が思っているからです。
その場で反撃して、言った相手が黙る事は、無意味を意味します。

相手を黙らせるには時間を与えてはいけません。時間を与えると勝てません。
影響力がないと周囲がわかれば、おのずと嫌がらせ陰口は減るでしょう。

嫌がらせ陰口には無視が効果的

嫌がらせ陰口、罵倒は一種の交渉テクニックです。
この交渉テクニックでの対応方法で1番は無視することです。

無視することで事態が進むかどうか確認するのです。
大抵無視すれば相手は方向を変えるか収まります。
つまり、意味が無く嫌がらせ陰口を言っていただけと証明できるんです。

嫌がらせ陰口をいう人を無意味化することで相手の存在感を消して行きます。
そのためには、周囲に自分の共感者を作る努力はかかせません。

職場には絶対にこういう人はいます。
耐えることを頑張るのもいいですが、まず無視、反撃する時は即座に反撃。無意味を証明することです。
半沢直樹のように上司が不祥事してくれれば簡単なんですが、普通そんな悪いことはしないですから。

ほかにもこれ読んでみませんか?

病院の受付でクレームを減らす方法

最近の私のお客様対応状況の報告です。病院の受付を何年もやってます。

子供の頃に教えてほしかったのはこれ

子供の頃に教えてほしかったのはこれ。 親や学校からこういうことは

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
特許アイデア:手話翻訳はソフトウェアで可能のはず、LINEが開発すればいい

昔から思ってたけど 手話の自動翻訳は可能のはず。 自

トランクスの例
今ポジションを持っておくべき理由を初心者なりに思ったこと

あ~、電力株に力を入れていると、含み損が増えてきてマ

特許アイデア:ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の構造に変更
特許アイデア:ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の構造に変更

ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の裏の部分のように水分

no image
公式ページの写真を流用するとヤフオクアカウント停止されるよ

知り合いで出品したらアカウント停止されたらしい。 理由

4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる
4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる

夜勤明け、子供と時間をつぶすネタはいつも苦労してます

→もっと見る

PAGE TOP ↑