仕事は嫌がらせ、無視、蹴落としとか普通だからスポーツ以下略

公開日: : 最終更新日:2013/10/14 koreda日記

久々のコラム。
人間が社会を生きていくのに重要なのは、知識の広さと、経験の多さだと言えるかな。
知識って自分ひとりで勉強するのと、人を交えて互いに比較しあうとではまた違った深みが出てくる。
スポーツやクラブ活動を学生の頃にする重要さと私の後悔と開き直りが、また勝手に文章になってしまった。(私は学生時分にクラブ活動やスポーツをやった経験はありません、20代前半はベンチャー企業で仕事して過ごした)

学生の頃に組織に所属して早めに人生経験を積んだほうがいいと思うが

学生自分にクラブ活動やスポーツなど、集団で目標に向かって活動する事は、組織を経験することになって、その中には目標に向かわない人や、目標が無い人、目標って何?っていう人など、様々な人間が出現することを知ったりする。

仲良しグループが出来たり、派閥みたいになったり、仲の悪いグループができたり、
いつの間にかいなくなったり、もしくは自分が辞めたり、
でも子供の頃の些細な出来事だから何度でもやり直せるのがいい。

やり直し癖はよくないが、社会に出ると30代になるとなかなかやり直せない。
でもその経験を20代にするのもいいけど、
その経験を学生の頃にしておけば、20代の頃に違う経験ができるとも取れる。

さらにクラブ活動を進めていくと、まとめてリーダー的役割をになったりすることも。
それはピラミッドみたいになっていて、誰もが出来ることではないということも知るだろう。

日本の独特な社会は、古参という言葉があるとおり、
ずっとそこにいる人が立派で態度が大きくて中心人物という習慣性がある。
ということも、知っておく必要がある。
ようは組織でうまく過ごすには適度なゴマスリが必要だと。

スポーツ精神は社会人になって大きなプラスになると思う

スポーツは嫌がらせもスポーツのうち。
やっぱり子供の頃にしておくべきかなとおもう。

サッカーにはボールキープの技や、相手からボールを奪う技もある。
人に取られないようにする、パスを相手に取られないようにする。
フェイントで相手を欺く。
さらに、サッカーなどではゴールと言う獲物をチーム内で横取りする人もいる。
逆に、自分がチャンスでも人に獲物を与えないといけない場面もある。

嫌がらせ、無視、蹴落としもチームで上位メンバーになるためには必要かもしれない。
なぜなら、自分がステージに上がるには、自分以外の誰かでメンバーが埋まると自分がステージに立てなくなる
誰だって努力は報われたい。他人にほめてもらいたい。
椅子取りゲームに参加するには、相手を貶めることも致し方ないこと
(自分という人間がどういう人間なのか、人生の選択が迫られる)

でもスポーツ精神っていいな。

スポーツマン精神5か条 アシックス創設者 鬼塚喜八郎 失敗の履歴書より

  • スポーツマンは、常にルールを守り、仲間に対して不信な行動をしない。
  • スポーツマンは、礼儀を重んじ、フェアプレーの精神に徹し、いかなる相手もあなどらず、たじろがず、威張らず、不正を憎み、正々堂々と尋常に勝負する。
  • スポーツマンは、絶えず自己のベストを尽くし、最後まで戦う。
  • スポーツマンは、チームの中の一員として時には犠牲的精神を発揮し、チームが最高の勝利を得るために闘わなければならない。そこに信頼する良き友を得る。
  • スポーツマンは常に健康に留意し、絶えず練習の体験を積み重ね、人間能力の限界を拡大し、いついかなる時でもタイミング良く全力を発揮する習慣を養うことが必要である。

高校野球だと、一軍になれなくてもチームの一員というやつ。
でも、それがすべての精神に対していい影響を与えるとは言えない。
相手がいい思いをして、自分は辛いことばかりすることが精神にいい影響を与えるとは言えない
が、知る必要はある。

スポーツやクラブ活動などで経験した精神、駆け引きや人間関係は、
社会に出るとそれは交渉とか人間関係とかででてくる。
そういった点で、スポーツをやっていた人の方が社会に出てうまくいく人が多いと言う理由の一つ。

だが、スポーツマン精神と逆の行動をすることで社会をうまく生きることも出来るから注意が必要だ。それがブラック企業だとか、黒い世界の人。
騙す側、騙される側ならば、騙す方が立場が上なのはいうまでもない
(たいてい騙される時は金銭を払わされる)

スポーツやクラブ活動をやらない人間(私)は、方向を変えたりしてしまう、それは逃げでもあるし経験則でもある

私はスポーツはやってないから、嫌がらせされると、自分の行動を防がれると
ヤル気がなくなったり、前へ進まず方向を変えて横へ進んだりする。
逃げでもあり、経験則でもある。自分が一番心が痛まない、疲れない方法を進む新生血管みたいだな。
それはそれで人間の生きる道なんだけど。新生血管だけに破れやすい

組織で長くいるには前へ進むしかなく、どんな問題があっても解決するしかない。
避けて、ドリブルで前へ進むしかない。
(でもスポーツ選手って長く組織にいないんですがね、ちょっと矛盾していますが)

円満に学校を卒業することは人生にとって大きなプラス

よくある、中学校、高校の3年間クラブ活動をして円満に卒業。
それってすごくよい社会経験であるのは確か。

だけれども、それの性で失われる時間も多大なのも事実。

何事も精神、体の成長に合わせず、早すぎると大きなマイナスになる

ですが、高度な人間関係をあまり幼いうちにさせるのもどうかとも思う。
子供の頃に人間関係に疲れてしまっては、そこで躓くには早すぎる状態になる。

クラブ活動に費やす多大な時間、スポーツに費やす心と体。頭は使わない。
スポーツ障害として、難治性骨折だとか、スポーツをやったがために重度の後遺症を一生背負わなければならないなど。

クラブ活動の性でうつ病や精神障害も十分あり得る話
(最近の若い人のいじめとかは卑劣だから一生立ち直れない傷を負わされることも)
スポーツのし過ぎでスポーツ馬鹿になって社会で働けなのもあり得る話
(そういう人はこき使われる奴隷になって、自分が上になれば次は後輩を奴隷にする)

バランスは非常に難しい。
私はベンチャー企業で働いた事がいい経験になった。
でも結局は転職してるわけで、今も企業の下っ端のペーペーなわけで…

私が思うに、できるだけ、子供のうちに精神を大人にしないといけないというのが重要だと思っています。壊れないように細心の注意を払って。
それがあってこそ経験が生きる。精神が未熟だと経験が経験として残らないから…
(経験とはトライアンドエラーの繰り返し、トライアンドエラーの意味がわからないと意味が無い、将来の仕事に役立つ話終わり。)

ほかにもこれ読んでみませんか?

不眠の方に私の眠れるおまじないを紹介します

不眠に朗報!ぜひ試してください。 私のよく眠れるおまじないをご紹

父が革で手作りのビジネスバッグを作ってくれた

父がビジネスバッグを手作りで作ってくれた。 父の趣味は革細工で仕

Comment

  1. […] ちょっと関連:仕事は嫌がらせ、無視、蹴落としとか普通だからスポーツ以下略 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
答えの出ない問題を複数に聞こえるところで質問するという、おばちゃんたちの迷惑行為

最近、答えの出ない問題を自分を含めた複数に聞こえるところ

no image
行く気マンマンと満タンとマンマについて

嫁が外食が好きで最近昼食は外食ばかりですが、4歳息子が、

保険証 職場 ばれる
保険証 職場 ばれる

保険証は国民保険なら国民保険加入義務が有る。 今回

火災が発生したとき、または発覚したら 落ちついてマネージャーかフロントにすぐ連絡してください 大声で叫ぶか音を立てて近くの人に知らせてください お部屋から出られるときは必ずドアを閉めてください(火や炎が広がるのを防ぐことができます)
安全の手引き この手引きは非常時の説明書です。

安全の手引き この手引きは非常時の説明書です。

no image
奴隷は単純思考、オウム真理教はあなたの財産を狙う宗教詐欺です

オウム真理教はあなたの財産を狙う宗教詐欺です。 最近の

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑