墓参りに行かないと落ち着かないということで行ってきた

公開日: : 最終更新日:2013/07/09 koreda日記


親がお墓参りしないと落ち着かないと言う。
今日は仕事も休みなので、私は数年ぶりにお墓参りに行ってきた。
奈良の香芝にあるあすか霊園というところで香芝インター降りて直ぐです。
3区と呼ばれるところにある。年間管理料は、1聖地につき3,000円らしいが、昔はもっと高かったらしい。車で高速を使って40分ぐらいなので比較的近いです。

墓参りにはもって行くものがあります。
洗うブラシ、墓石を拭くためのタオル、管理事務所で仏壇花を購入。
お供えにはおはぎとかビールとか日本酒です。

お墓に着いたらお墓の汚れを掃除します。
お墓の近くに水とバケツと柄杓があるので持ってきます。
石の間とか、石に掘られた文字の汚れ、周りの丸石に草が生えていたら抜きます。
ろうそく立てにはろうそくを入れて火を、線香を焚きます。
結構いろいろ消費します。なんてったってたまにしかこないからという理由です。


(あすか霊園の前には何故かすごい奇抜な色のラブホテルがあります。なぜだ…)
実はお墓に付いたらもう綺麗になってて花も添えてありました。
誰かが先に着たんでしょう。来るといったら親戚しかいないのですが、おそらく祖母側の親戚のだれかでしょうが、誰かはわかりません。
でも綺麗になってお花があったら、しかもそのお花がしおれていなかったら最近だれかが来たのだとわかる。

たいてい先に来た親戚は悪口や小言を親戚中に言うんですよ。「久しぶりに行ったらすごい汚れていた、汚れを落とすのに時間がかかったわ、なぜ行ってあげないの?」ってね。
でもお墓参りをするということで悪い人ではないんですが、暇な人っていうのは、
暇な人同士で会話ネタも続かないので直ぐにそうした悪口や小言を言うんですよ。
どこかの出来損ないの上司みたいです。

そういう話は置いといて、
お墓を持つっていうことは、そこに自分の親や先祖の骨が入っているわけで、
そこは将来自分が入る場所というなんとなくな印象がある。
定期的に夫婦でちょっと遠出するいわば老後のデートです。

誰しもが老いるのは嫌だし死ぬのも嫌ですが、なんとなく時間は過ぎていってそいうことを無意識に意識するようになるのか、お墓は日本人の持つ死生観のひとつのような感じがします。
お墓は大抵山にあるので、そこからお墓が見る景色というのが死を将来受け入れるための安心感に繋がるのでしょうか。
それは私自身にとってもで、これは私のイメージなのです。

ほかにもこれ読んでみませんか?

自転車のホイールのリムに色を塗った

今年の最後の日、今日こそ年賀状を作ろうとしたら 友人が遊びに来ま

天王寺でJINSの眼鏡を買ってみたレビュー

JINSはZOFFと同じような日本全国展開で、レンズ込み何円という

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
アイデア特許:折り目をつけなくていいスーツズボン

昔々、スーツズボンの縦の折り目は専業主婦らによって維持さ

NP-45VD7の洗う時間は?本当の使い方は予約モードだった
NP-45VD7の洗う時間は?本当の使い方は予約モードだった

パナソニックリフォームして1度も使ってなかった食洗機

特許アイデア:マスクに色と香りをつけるスプレー
特許アイデア:マスクに色と香りをつけるスプレー

会社などの支給のごく一般的なマスクに色を付けるスプレ

no image
高校の頃乙4落ちたのと、親にお小遣いもらうのが苦痛だった話

工業高校卒業のOBだから言うけど、高校の時とれる資格は取

小学生レベルのダイナモライトを後輪につける方法
自転車のダイナモライトを後輪につける

ケツ上げはまだマシだけど URL 自分がやってたダサ

→もっと見る

PAGE TOP ↑