墓参りに行かないと落ち着かないということで行ってきた

公開日: : 最終更新日:2013/07/09 koreda日記


親がお墓参りしないと落ち着かないと言う。
今日は仕事も休みなので、私は数年ぶりにお墓参りに行ってきた。
奈良の香芝にあるあすか霊園というところで香芝インター降りて直ぐです。
3区と呼ばれるところにある。年間管理料は、1聖地につき3,000円らしいが、昔はもっと高かったらしい。車で高速を使って40分ぐらいなので比較的近いです。

墓参りにはもって行くものがあります。
洗うブラシ、墓石を拭くためのタオル、管理事務所で仏壇花を購入。
お供えにはおはぎとかビールとか日本酒です。

お墓に着いたらお墓の汚れを掃除します。
お墓の近くに水とバケツと柄杓があるので持ってきます。
石の間とか、石に掘られた文字の汚れ、周りの丸石に草が生えていたら抜きます。
ろうそく立てにはろうそくを入れて火を、線香を焚きます。
結構いろいろ消費します。なんてったってたまにしかこないからという理由です。


(あすか霊園の前には何故かすごい奇抜な色のラブホテルがあります。なぜだ…)
実はお墓に付いたらもう綺麗になってて花も添えてありました。
誰かが先に着たんでしょう。来るといったら親戚しかいないのですが、おそらく祖母側の親戚のだれかでしょうが、誰かはわかりません。
でも綺麗になってお花があったら、しかもそのお花がしおれていなかったら最近だれかが来たのだとわかる。

たいてい先に来た親戚は悪口や小言を親戚中に言うんですよ。「久しぶりに行ったらすごい汚れていた、汚れを落とすのに時間がかかったわ、なぜ行ってあげないの?」ってね。
でもお墓参りをするということで悪い人ではないんですが、暇な人っていうのは、
暇な人同士で会話ネタも続かないので直ぐにそうした悪口や小言を言うんですよ。
どこかの出来損ないの上司みたいです。

そういう話は置いといて、
お墓を持つっていうことは、そこに自分の親や先祖の骨が入っているわけで、
そこは将来自分が入る場所というなんとなくな印象がある。
定期的に夫婦でちょっと遠出するいわば老後のデートです。

誰しもが老いるのは嫌だし死ぬのも嫌ですが、なんとなく時間は過ぎていってそいうことを無意識に意識するようになるのか、お墓は日本人の持つ死生観のひとつのような感じがします。
お墓は大抵山にあるので、そこからお墓が見る景色というのが死を将来受け入れるための安心感に繋がるのでしょうか。
それは私自身にとってもで、これは私のイメージなのです。

ほかにもこれ読んでみませんか?

絶望を感じるを少なく生きるワーキングプア

絶望を感じるを少なく生きるワーキングプア

悲しいけどワーキングプアは背水の陣だと思うんですよ。 壁が破られると

kumi

組み体操ピラミッドで一番痛い所は膝だ!練習は無駄な時間?

工業高校出身なので組み体操してました。 NHKのニュースでやっていた

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
インフルエンザの予防接種に行くと39度の熱。突発性発疹かもと

2歳の子供をインフルエンザの予防接種に連れて行ったら39

no image
特許:特定の言葉の呼び出しベル、犬や猫の翻訳機の人間版

病院向け、どこでもいいが耳が聞こえない人用の名前を呼ばれ

no image
A3レーザープリンターでA4用紙が認識できない

A3対応レーザープリンター(複合機)でA4用紙が認識でき

保険証のイメージ
切り替わる前の保険証をコピーする人は神。患者に電話した時思ったこと

転職などで保険証の切り替えをした時、過去の保険証をコピー

no image
樹脂フェンダーの車一覧まとめ

樹脂フェンダーの車をまとめました。 正式にはフェンダー

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑