グルーガンは溶かした樹脂でボンドのような使い方ができる道具

公開日: : 最終更新日:2017/07/18 koreda日記


以前購入した汎用ドアミラーカバーを改造したので、また水が入らないように蓋を閉めるためです。
今回も失敗したわけですが、くっつけるために購入したグルーガンをご紹介します。
このグルーガンというのは、150度ぐらいで溶ける樹脂を溶かして、先っちょからゆっくり出して溶かした樹脂でボンド(接着剤)のような使い方をする道具です。
樹脂はやわらかく、どんなものにもある程度くっつくためいろいろな用途があります。

私のグルーガンとの出会いは、子供の頃、小学生ぐらいの時に父親にいろいろなものをくっつけてもらったことです。
昔ミニ四駆の改造が流行っていたとき、シャーシやボディーの肉抜きや改造と言うのは、非常に難しいものだったのです。
小さなドリルで穴をいっぱい開けてそれをニッパーで切り取って、でこぼこをヤスリで整えるとか、ミニ四ファイターや前ちゃんが言っていましたね。

でも小学生低学年の子供にはすごく難しいわけで、穴を開けたいときは父親にミニ四駆のボディーを半田ごてで溶かして穴を開けてもらったり、段々自分でできるようになり、グルーガンで接着したりしていました。見栄えが悪くなるのですが、すぐに熱で溶かして穴は開くし、すぐにくっつけられますからね。子供の自己満足的には十分でした。

グルーガンの特徴を何点かご紹介します。

・160度ぐらいで樹脂を溶かすのがコンセント1つで非常に手軽です。
・樹脂がへばりつくので接着面がでこぼこになり、見栄えが悪くなります。
・樹脂の上には塗装がうまくのりません
・盛り上げてつけることができるので、平らなものに丸いものを接着したり出来ます。
・固まると硬いゴムみたいな感じになります。
後からはがすことが出来ます
相手が熱に弱ければ溶けます
・プラスチック樹脂なので水を通しません
・プラスチック樹脂なので電気を通しません。
・樹脂が冷めると固まるので、広範囲の接着には向きません。

大人になってこれを使ってみると、いいおもちゃですよ。
昔は大人のオッサンのための道具でしたが、今では、色々な色の樹脂を使えて、
アクセサリーなど手芸の現場で大人気のようです。

グルーガンは水を通さない接着ができるので車の部品の接着にはもってこいですね。
手軽にパッキン加工ができます。
車のライト加工、LED加工や、ヘッドライト、ウインカー加工に使おうと思っています^-^
(160度で高温タイプらしく、子供用の低温タイプもあるらしいです)


グルーガン 高温 タイプ GL-01【手芸 クラフト 和洋裁材料】【パーツ ハンドメイド フラワー】【ホットボンド DIY 接着工具 接着剤 接着】

ほかにもこれ読んでみませんか?

木刀は軽いのに振るとキツい 手首を痛める

木刀かっこいいでしょう。 銀魂の主人公、坂田銀時の刀も木刀でした。

歯列矯正の器具がとれた!顎や頭が痛い、で考えた

高校生ぐらいで歯科に行かなくなって、歯を抜くことを拒んだために歯が

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
特許アイデア:手話翻訳はソフトウェアで可能のはず、LINEが開発すればいい

昔から思ってたけど 手話の自動翻訳は可能のはず。 自

トランクスの例
今ポジションを持っておくべき理由を初心者なりに思ったこと

あ~、電力株に力を入れていると、含み損が増えてきてマ

no image
特許アイデア:ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の構造に変更

ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の裏の部分のように水分など

no image
公式ページの写真を流用するとヤフオクアカウント停止されるよ

知り合いで出品したらアカウント停止されたらしい。 理由

4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる
4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる

夜勤明け、子供と時間をつぶすネタはいつも苦労してます

→もっと見る

PAGE TOP ↑