野球のテレビ視聴率を上げる方法を考えてみた

公開日: : 最終更新日:2014/02/10 koreda日記


野球にはまったく興味も希望の無いのですが、
今日はたかじんのテレビ番組で野球の人気の無さが取り上げられていました。
寝る前に野球はなぜテレビの視聴率が下がっているのかについて考えてみました。
やはり人気の低下です。人気が低下すると好きな人の人数が減るのでそれに伴って視聴率も下がります。

私は野球選手のいいところとかまったくわからないのですが、野球というのは、野球が好きな人しか好きになりませんから、その前提を取らないと絶対的ファン層はもう獲得できないわけです。
獲得する方法は、野球に興味がないけど、今後勉強すれば好きになりそうな才能がある人ということです。
ですから、野球の人気を上げるには、今の定着ファン層に手厚いファンサービスを続け、さらなる努力は「興味の無い人に」注ぐ必要があります。

他のスポーツに見る野球に興味が無い人を引き込む例があります

例えば、萌え絵スノボ「痛板」です。
注目されることによってメディア露出が高くなり広告と同じ効果がでます
興味がある人がスノーボードをすることによって、競技に興味を持つ人が増えるでしょう。
この日本痛板協会には元スノーボードオリンピック選手も加わっているそうです。

他にも、アメフトやラグビーのように他から引っ張ると言う方法もあると思います。
アメフトやラグビーはルールが難しく、ある程度の賢さと体が必要なため、
他のスポーツをやっていた人が、このスポーツに誘われて好きになっていくということが殆どです。
後のからの参入者が殆どということです!それも競技に興味を持つ人が増えます。

他からファンを引っ張ると言う方法は、AKB48やNMB48などのその周辺のアイドル達もする方法です。
他のアイドルから客を引っ張って自分のファンにさせるのです。

野球はエンターテイメントだと思います。だから、野球を見に行くと、絶対に楽しくなるようにしなければなりません。
私も興味がないのですが、最近野球を見にスタジアムに行ったことがありますが、興味が無いのに雰囲気だけでも結構楽しめました。
十分エンターテイメントしてたと思いますよ。

野球は実はオタクが多い、オタクの才能がある人にお勧めなジャンル

私が思うに、野球が面白いのは統計だと思われます。
だれだれの出身校はどこで、その出身校は誰がいて、誰ができて誰が出来なかっただとか、チームの移籍先移籍元での成績だとか。
それを知ると、尚楽しむことが出来るのです。

私が思うに、これが野球の新しいファンが増えにくい原因のひとつです。
野球が好きな人と、最近好きになった人が一緒に会話することが出来ないのです。
そりゃファンも増えないわということです。

それに引き換え、アニメオタクやゲームオタクなんかは、新しい参入者を大事にします。このゲームが面白いよだとか、このアニメが面白いよだとか、この声優が好きなら、こっちのアニメもどう?です。

野球好きはサラリーマンが多いので意地悪も多いのでファンの改革も必要

知識の垣根を高くすることで、マニア向けになり、強いファンを獲得することが出来るのですが、新参が増えにくい諸刃の剣です。
私はファン層の改革も必要だと思います。
ファン層が、アニメオタクのようになれば、野球に興味を持ち始めた人達はもっと野球に興味を持つことが出来るでしょう。

つまり、野球運営者が新しいことをし、選手も新しいことをすればいい

他にも私は、野球が野球を提供することも重要だと思います。
私は大阪市内で育ちました。公園も一つもないし、学校の運動場はテニスコートぐらいの広さしかありません。
野球はもちろん生まれてから1回しかしたことがありません。
野球運営者が、野球を提供する。(野球のクラブやってるやつに提供しても意味がないですよ!やらない人に提供する)
これも、新しいファンを開拓する方法の一つだと思います。

さらに選手は野球と関係の無い所に顔を出す必要があります
これも例ですが、痛い萌えバット協会があれば、選手が参加すべきということです。
選手で車が好きであれば、日本のレースに参加すべきだし、楽器ができればライブをすべき。
スノーボードが得意ならば毎年するべきだし、映画が好きなら映画の評論を書くべき。
選手がお笑いが好きならば、見に行かないといけないし、AKB48が好きなら、自分は好きで生写真集めてます!っていわないといけない。
自分と同じ興味を持つ人に同じ思いになってもらう。共感を提供しなければならない。
今の時代野球選手が毎日練習して、毎晩飲みに行く時代じゃないとおもいます。

まとめ:興味の無い私の野球へのファン獲得の助言をするならば

1.野球の場の提供
 (野球運営者が一般人民に野球をさせる場やイベントの提供)
2.選手の多方面への進出
 (選手が自分の趣味でお友達を増やす)
3 マニアになるための勉強の場の提供
 (選手情報やチーム情報などを簡単に知識を得る方法を作る 野球ゲームなど)

というわけです。
野球という言葉が身近になれば興味を持つ人は増えるでしょう。興味がある人がふえれば、おのずと野球のテレビ視聴率も上がるでしょう。
まあ野球に興味が無い私はどうでもいいことなんですけどね。

ほかにもこれ読んでみませんか?

大きい口内炎ができたので錠剤を張るアフタッチAを試してみた

飯食べているときに思いっきり唇を噛んでまたでっかい口内炎ができてし

no image

樹脂でアイデア品を制作しようと考え中

私がデザインしたアイデア商品を東大阪の中小企業に作ってもらい、樹脂を使

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

傘カードで足し算と引き算
傘カードで足し算と引き算

傘の中の〇の中に数字を書くゲームです。 はじめは足

no image
児童福祉事業所を1円で買いたい、M&Aしたい話

日本ブレイク工業見たく、買いたい、買いたい、事業所ごと買

no image
40歳年収300~400万で投資しないで貯金4000万円あったのすごくない?

今は日本株を初めて1年ですが、 投資は本当にいままでし

no image
特許アイデア:病院の入り口でICタグ入りカードを持たせて発熱検知システム

特許アイデア、ユニクロの無人レジ商品タグのように病院の入

no image
投資のやり方を教えてくれるツイッタラーはおかえりモネのおじいちゃん的存在

投資のやり方をツイッターで説明している人がいる。

→もっと見る

PAGE TOP ↑