老人ホームで光るボタンを押すおもちゃが気になった

公開日: : 最終更新日:2019/10/20 koreda日記


数年前に何の番組か忘れたけど、ある老人ホームがテーマのテレビ番組で、高齢者が集まるフロアで、熱心におじいさんが光るボタンを押していたおもちゃが気になっていろいろ調べてたのですよ。
昔のゲーム機にしては形が綺麗で、9個の光るボタンがあって、光ったのを押すという短絡的なゲーム。高齢者のボケ防止にぴったりじゃないか。さすが老人ホーム。

見つけました、昔のゲームロボット九というおもちゃの復刻版らしい

ネットで頑張って探した結果、9個(本当は10個あった)のボタンを押すゲームロボット21というものを発見したのです。これだ!
ゲームの売り文句は、単純な操作で脳の活性化につながる!光るボタンを押すだけの簡単な電子ゲームです。大人から子供までみんなで遊んでいるうちに想像力や音感、計算力などの「脳力」が育成される脳力トレーニングマシーンです。

ゲームロボット50

価格:3,960円
(2019/10/20 21:46時点)
感想(61件)


反射神経と指でボタンを押すことが脳によいのだと思います。
任天堂DSの脳の活性化ゲームでも人気ですが、高齢者の方がやるには垣根が高いのではないか。
このゲームロボット21ならば簡単な操作で遊び感覚で楽しめるので夢中になれるのではないかと、何年か前に買ってあげたのです。

久しぶりに祖母の家に行くと、全然使ってなくてホコリかぶってました。やっぱり面白くないですよねw祖母に聞くと、面白くないだけじゃなく、ゲームの起動の仕方を忘れてしまったそうです


使い方はゲームの下の部分の電源をつけて、やりたいゲームの数字を押してスタートボタンです。
内容は豊富だが、×のゲームはやらないというか機能が無駄。
△はやってもいいがあまり面白くない。○はまあ面白いというレベル。
×01 演奏にトライ!
×02 作曲にトライ!
×03 音感トレーニング
×04 サウンド神経衰弱
×05 集中力トレーニング
×06 メモリー間違い探し
×07 光と音を追え!
×08 3つの宝さがし
△09 潜水艦を見つけろ
○10 ピコピコモグラをやっつけろ
○11 帰ってきたピコピコモグラ
△12 がんばれゴールキーパー
×13 連射にチャレンジ
×14 がんばれ消防士
×15 判断力トレーニング
△16 たし算にチャレンジ
△17 ひき算にチャレンジ
△18 かけ算にチャレンジ
△19 一触即発バクダン
×20 スロットにトライ!
×21 ロボットビンゴ

おじいさんが光ったら押していたのは、ピコピコモグラをやっつけろだった

ゲームロボット50

価格:3,960円
(2019/10/20 21:46時点)
感想(61件)


このもぐらたたきがお勧めです。光るボタンはランダムでそれを押すというだけが逆に面白い。50点満点で、私は49とかですが、82歳ぐらいのおばあさんで33ぐらい。年齢にしてはスコア高すぎですね。
難しいのをやりたければ帰ってきた帰ってきたピコピコモグラです。こちらは100点満点で、私は最高で99でした。どちらも意外と満点が難しい。

問題はきつく強く押すと指の関節が痛くなりそうなところです。
関節が弱くなっているので、高齢者の方は押しすぎに注意!

潜水艦を見つけろは、9個のボタンから隠れたボタンを見つけるのですが、2回のミスで100%見つけるのは不可能です。運ですか・・・。
結論としては、高齢者の方々は目が悪くなって指が動きにくいにしろ、やっぱりテトリスが一番楽しいということです。
テトリスに勝てるゲームはあるのでしょうか?

ほかにもこれ読んでみませんか?

前向きな姿勢

前向きな姿勢 ゲームで言うとクリアすること。 問題で言うと解決

おばあちゃんの友人は用水路で死にたい

うちのおばあちゃんの話。 高齢でもう90歳ぐらいだけど認知症なく元気

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
アイデア:お好み焼きバー

最近は食わず嫌いが多く、おいしいまずいにかかわらず と

ウインドウズフォトの取り込み機能のエラーが麺
iphoneの写真バックアップが途中で止まる?解決方法決定版!

windowsでiphoneの写真バックアップに相当てこ

爆弾を落としたほうが勝ち、基地を作ったほうが負けです。
積み木爆弾落としゲーム

この遊びは昔、自分の弟とよくやりました。 遊びの名

4才幼児がハマる、A4コピー用紙にミニカーの道を書く遊び
4才幼児がハマる、A4コピー用紙にミニカーの道を書く遊び

4才男幼児ならハマる A4コピー用紙に自分で鉛筆や

no image
近寄らないで、飛ばす車、ボコボコの車は危険!

危険な人、車には自分から近づかないのが吉です。 例えば

→もっと見る

PAGE TOP ↑