夏の学校の先生に脱水の見分け方

公開日: : 最終更新日:2015/08/08 病院・病気で得する情報

熱中症は脱水よりわかりやすい症状なので見逃さないようにしましょう。
熱中症の症状はこちらの記事にあります。
今回は特に夏に起こりやすい脱水の見分け方について書きたいと思います。

脱水を見分ける症状

  • 頻脈になる(脈が速くなる)
  • 体温が高くなる
  • 脇の下が乾く(暑いのに汗が出ない)
  • 爪の先を軽く押した後、2秒以内に赤みが戻らない

学校の先生などは、子供を遠めで見るだけでも脱水は見つけて貰いたいですね。
運動場で子供が熱中症になったら気分が悪くなったり倒れたりしますけど、脱水は我慢します。
その我慢が問題なんですよ。

脱水のときは水分補給が大事です。
ついでに塩分も少し。

でも、頻脈とか体温とか脇の下とかわかりにくいですよね。
そういうときに脱水状態を調べる方法はほかにもあります。

オススメなのが舌の筋を見る方法

舌に筋が入った人は85%が脱水症状だった
舌のまんなかの亀裂を見ます。
体内の水分が足りないと舌に亀裂が入るんです。

ミネソタ大学の研究によると、舌に筋が入った人は85%が脱水症状だったという研究結果があるそうです。
夏はいつのまにか脱水状態になることが多い。
鏡の前で自分でチェック、または学校で先生が子供の舌をチェックするというのがいいと思いますね。
舌を出すだけなら一瞬で終わりますから。

関連記事

風邪を早く治す方法、医療費を安く済ませる方法

風邪を早く治す方法、医療費を安く済ませる方法

私はいつもこうやって風邪を早く治しているというのの覚書。 私は医

no image

ムカデに噛まれたら?お湯が効果あり

時間外や救急の電話相談を医療事務が受ける。 ムカデに噛まれた人の相談

no image

子供の頃に歯並びの矯正をしたことがある

子供の頃は腹痛、下痢に悩まされて、小学校のころや走って家に帰ることが多

熱中症になりやすい体質は2歳半が分岐点

熱中症になりやすい体質は2歳半が分岐点

熱中症になりやすい体質は2歳半が分岐点。 林修のテレビ番組でやってま

インフルエンザ2月のピークと予防接種の時期

インフルエンザ2月のピークと予防接種の時期

国立感染研究所の発表でインフルエンザが2週間連続で患者減少だそうです。

シャーカステン

急病で紙カルテとフィルムを使う病院に行かない方がいい理由

理由は診断の質が落ちるし記録が残らないからです。 特にレントゲンフィ

手荒れの病名は?ゴム手袋をつけ続けるのはよくない

手荒れの病名は?ゴム手袋をつけ続けるのはよくない

手を洗いすぎると皮膚が荒れる可能性がある。 単なる手荒れと侮るなかれ

Comment

  1. たくや より:

    舌に亀裂ってのはシワとイコールみたいなもんで脱水が解消されたら治るの?

    • iida より:

      舌にしわはない。
      医者タレントがわかりやすく言っているだけと思われる。脱水になって水分不足になると舌の表面もからからになってきて、おそらく下のぶつぶつの部分、舌乳頭に弾力性がなくなってしまい、枯れた大地のように割れたような見え方、それがしわのように見えることからだと推測される。
      自分も工業高校の高校生だったころ体育中や後の水分補給や水道で顔を洗うことを禁じられた。本当に先生方はバカだったとおもう。
      自分の思い込みや勝手なやり方を無責任に子供に押し付けるだけ。今の職場のパワハラ上司と一緒だ。もうすぐ辞めていなくなるけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

耳の穴にニキビができて痛い。写真あり
耳の穴にニキビができて痛い。写真あり

最近耳の穴が狭くなってきた。 そして触ると痛い。

痰吸引で介護者の不眠
目の下の隈にも効果あり!乾燥肌に塗る順番はローション>クリーム>ワセリンです

乾燥肌にローションをおすすめしない理由はすぐ乾くから

テレビでやっていたタオルで片足ずつ前屈がかなり効いた
テレビで体が硬かったのに1時間でこんなに柔らかくなったは嘘の理由

毎日、朝仕事に行って夜帰ってきて夕食作成 子供をお風呂

2018年のミキハウス1万円福袋の中身ネタバレ
2018年のミキハウス1万円福袋の中身ネタバレ

2018年1月1日発売のミキハウスの福袋を大みそかに購入

馬見丘陵公園イルミは立地的には香芝インターもしくは法隆寺インター
奈良の穴場無料イルミネーション馬見丘陵公園は駐車場もタダ

馬見丘陵公園に夜に行ってきました。 なぜって、無料

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑