アルツハイマーの原因はタウとアミロイドベータ

公開日: : 最終更新日:2017/07/11 病院・病気で得する情報

アルツハイマーの原因はタウとアミロイドベータ
アルツハイマー病の早期診断に光。
脳の萎縮をチェックしていたが、萎縮を引き起こす原因が判明した。
脳のゴミ、たんぱく質の異常蓄積、脳の神経細胞が破壊されていた。
その一つが「タウ」。

タウ=アルツハイマーの原因

アルツハイマー病の患者の脳を免疫彩色という方法で染めてPET検査。
色で異常蓄積たんぱくを見つけることができる。

アミロイドベータ=アルツハイマーの原因

針を付いた器具で1滴の血液を半導体センサーでチェック10分で判明。
将来的には薬局などで検査キットを販売、スマートフォンでできるシステムを目指している。

アミロイドベータがたまっても認知症にならない人が少なからずいる。
認知予備力がある人。

認知予備力とは?

食事、趣味、人とのかかわり。

認知症予防にカレー

2007年アメリカ記事では日本の国民食カレーが認知症予防につながるとの研究結果が発表された。
カレーの中にはスパイスの中 ターメリック=ウコン。
クルクミンがアルツハイマーの病変が進まない効果。
インドは認知症発症率が4分の1

脳にいい噛む噛むターメリックカレー

ラッキーガーデンのカレープレート
カレーにレンコン。
レンコンで脳の老化を防ぐポリフェノール。
ポリフェノールの一種であるレスベラトロールが多く含まれるのはピーナッツの皮!
鳥のモモ肉で脳の栄養素 アミノ酸が豊富。
トマトソースで脳の老化を防ぐリコピン 生より煮る。

レンコンは噛み応えを出すため厚めの輪切り。
ビニール袋で揉む、塩コショウ、ターメリックをまぶす。
下ごしらえができたら加熱。
オリーブオイルで焼き目。
生クリームを入れる、トマトソースを入れて10分煮込む。

ターリックを米1合にこさじ2分の1杯、ターメリック、アーモンドも入れる。
アーモンドは老化防止のビタミンEがはいっている。

付け合せは鶉の卵と大豆。
脳の神経細胞を活性化させるレシチンを含む。
ここでもターメリックを入れる。3分の1、酢を大さじ3杯。
ターメリック漬け。

日本人の国民食、カレーに人手間加えて認知症解決カレーを作ってみましょうね!

ほかにもこれ読んでみませんか?

GW明けは「はずれの日」?忙しいと損する理由

病院という業界は、休み祝日を嫌います。 病院は大抵平日しか開いて

母より父がインフルエンザを子供に移す。朝起きてすぐ歯磨きが効果あり

インフルエンザを子供に移すのは父 インフルエンザを人に移すのは父

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

iphoneSE2が無料!AUの3Gガラケーをガチホしていたが損切り

持っているのはフミコフミオ氏が使用していたものと同じ

吉本新喜劇風の原稿、レストランのコアなファンの襲来

吉本新喜劇風の原稿を書いてみました。 暇じゃないよ?

no image
引っ越しのサカイのブラック面接?はこんな感じでした。

引っ越しのサカイの面接を受けたことがある。 ただの時間

no image
格安バス旅行は90分密室の毛皮や磁気ネックレスを売るアクセサリー屋に連れて行かれる

スーパーの懸賞の無料でバス旅行だったり、激安のバス旅行の

ベネッセのなぞりんパッドとワコムタブレットペン

今の時代にこんなゲームボーイみたいな 白黒で画面小さい

→もっと見る

PAGE TOP ↑