インフルエンザの発症率と死滅の温度と湿度

インフルエンザは約2日の潜伏期間をえて突然38度以上の高熱が出るのが特徴です。

インフルエンザの発症率

保菌者(インフルエンザは菌ではないので正しくは保有者や無症状感染者と言われます)のインフルエンザは潜伏期間が約1週間。
感染して約2日で発症します。
一週間前後はウイルスを排泄して他人に感染させる状態です。

実際にインフルエンザに感染して熱が出る人は、保有者の発病率は約20%だそうです。(テレビの情報+知恵袋情報。有益なソースは残念ながら見つからなかった)
ほとんどの人はウイルスを持っていても発症しないということなので、無症状でも知らないうちに飛散させている無症状感染者の状態だということですね。

インフルエンザ死滅の温度と湿度

インフルエンザの発症率と死滅の温度と湿度
温度21~24度の湿度50%で6時間後生存率が3~5%だそうです。
ですから、部屋の温度を上げて湿度を50%にしておけばインフルエンザは死滅します。
(カビは湿度50%以上で増殖するので注意。湿度35%以下だとインフルエンザウイルスは24時間以上生存します。)

口と鼻の中だけ高温高湿度状態を作れる、マスクが有用だということです

マスクは自分のインフルエンザウイルスの飛散防止や、他人のウイルスを吸い込まない効果の他に、口の湿度と温度が上がる利点があります。
マスクをつけると約5分経過でマスク内の口の中の湿度は90%を超えるデータがあります。

人間の体温は36度ですから、この温度と湿度ではインフルエンザはほとんど死滅するでしょう。
ですが、湿度50% 6時間後生存率をみると3~5%、12時間で0.1%以下なので、一瞬で死滅するというわけでもありません。
感染をかなり食い止めることができるということです。
抵抗力があれば、軽い感染なら非発症で済ませるのかもしれません。
抗体を持つにはインフルエンザの予防接種がお勧めというわけですね。

特に寝るときは効果的です。
のどの乾燥も防ぎます。
情報源:http://www.unicharm.co.jp/mask/effect/index.html

ほかにもこれ読んでみませんか?

便秘解消法ですっきりさんになろう!

うつ伏せと空腹の便秘解消法が簡単すぎる

その便秘解消法とは、うつ伏せで10分ゴロゴロする+8時間以上空腹の

病院の外来ナースは暇な時と忙しい時

病院の外来ナースは暇な時と忙しい時

病院の入院病棟は大体満床なので忙しさはずっと変わらない。 (そり

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
建売を逃したが高い金額を入札しないことにした

家を買うのをしぶると、値下げ交渉しても、購入の手続きをし

no image
奈良県のゴキブリが怖くない理由

大阪といえば黒ゴキ。 その5センチは軽く超える巨大さと

no image
マイホームを決算時期に即決で買えなかった理由はやはり心の準備ができていなかったということか

約半年前、マイホームを決算時期に即決で買えなかった理由は

no image
ファースト住建の悪口とマイホーム選びで学んだ事

3月決算とき家の値段が下がっているのは売れ残り。 売れ

食べたら寿命が3日伸びる卵をもらった
食べたら寿命が3日伸びる卵をもらった

ういらんという卵を貰った。 wining run 

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑