小児インフルエンザの2回打ちは何歳まで?

大人は1回、子供は2回打ちと言われますが、その境目は何歳からなのでしょうか?
答えは小児は13歳までだそうです。具体的には続きの記事をご覧ください。
厚生労働省で検索しました。

答えは小児は13歳までだそうです

インフルエンザの有効な期間

接種2週間目から効果がでてきて、効果のの持続期間はおよそ5ヵ月。

インフルエンザの効果

65歳以上の健常者について、約45%の発病を阻止でき、約80%の死亡を阻止する効果があった。
1歳以上で6歳未満の幼児では発病を阻止する効果は約20~30%で、1歳未満の乳児では対象症例数が少なく、効果は明らかでなかった。

インフルエンザの接種の回数

2009年12月18日時点では、以下の通りです。

  • 優先接種対象者
  • 妊婦の方:1回接種
  • 基礎疾患を有する方:1回接種
  • 13歳未満の方:2回接種
  • 中学生、高校生の年齢にあたる方:1回接種
  • 65歳以上の方:1回接種

厚生労働省新型インフルエンザ入門より。

インフルエンザの注射の量

0.5mLを皮下に1回又は、1~4週間の間隔をおいて2回注射する。
ただし、6歳から13歳未満のものには0.3mL、1歳から6歳未満のものには0.2mL、1歳未満のものには 0.1mLずつ2回注射する。
インフルエンザワクチンの添付文書より

インフルエンザ2回目の有効性

古いニュースですが、2回目のインフルエンザに有効性はなかったそうです。
ワクチン2回接種でも効果は変わらず-厚生労働省-より
逆に言うと1回で十分な効果が証明されています。

だが、13未満の子供の場合、前述のとおり1歳以上で6歳未満の幼児では発病を阻止する効果は約20~30%なので、2回打つことで効果は倍増するそうです。
ですが、研究結果や情報源は見つけられませんでした。

毎年する必要があるの?の意見

そもそも、毎年インフルエンザのワクチンを皮膚の中に0.5ml注入するという行為自体が、人間にとって悪いのではないか?と思います。
しかも、1回3600円以上しますし、お金の面でも問題です。
1歳~13歳までを6000円、13歳~30歳までを3600円とすると、単純計算で30年で135,600円の出費になります。
今までの経験で、インフルエンザ予防接種を受けていてもインフルエンザになったことがある人は多いと思います。
死ぬ確率まで考えて、受けるか受けないか考えたほうがよさそうな気がします。

関連記事

医療事務のイラスト

事務の老後の30年後予想はこんな感じ。

仕事で働くと、先輩を見て自分の今後の人生設計を考える人も多いと思い

ほどよくほぐれた鮭に、丸い小さなつぶつぶのししゃもの卵

鮭フレークが肝臓の脂肪を減らす

林修の今でしょ!講座で池谷敏郎先生が脂肪を貯めにくくするお手ごろな食材

男の毛穴皮脂の原因は乾燥肌!乳液で対策汁!

男の毛穴皮脂の原因は乾燥肌!乳液で対策汁!

最近 毛穴の皮脂がひどくて、爪でウニュウニュ押し出したりしていたの

舌に筋が入った人は85%が脱水症状だった

夏の学校の先生に脱水の見分け方

熱中症は脱水よりわかりやすい症状なので見逃さないようにしましょう。

歯医者のイメージ

自己中断してはいけない歯列矯正。一生経過観察を受けないといけない

歯の矯正をしたので半年に1回一生実費診療を受けないといけない。 また

LOXインデックス検査

脳卒中のリスクが血液検査でわかるLOXインデックス検査

冬になると脳卒中のリスクが高くなる。 脳の血管が破れ、頭の中に血液が

新しいワゴンアール

検視の費用は?看取りの方が安いの?で葛藤

在宅でもない患者の看取りをする必要があるのか、ないのか、で死にそうなぐ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

祝日の京都水族館のイルカショーは立ち見
朝に京都水族館、夕方に帰宅で昼寝にしたらよかった

息子と嫁と京都水族館でデートしてきました。 京都水

no image
子供に自分で選ぶ、決断する力をつける方法とは?

エア子育てシリーズ。 いろいろ妄想して、うちの息子をど

no image
特許:大手家電店がアマゾンや楽天に勝つ唯一の方法は電話で在庫販売サービス

電化製品の配送サービス。 電話すると持ってきてくれる。

no image
右と左、子供にどう教える?教え方10個

右と左。 意識し始める年齢は何歳ぐらいだろうか、2歳ぐ

no image
救急で一晩乗り切る医者の判断基準や判断材料が参考になる

今日はお勧めサイトの紹介です。 医療事務として働く上で

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑