家で亡くなった場合、事故死か病死かの判断を警察がするのが問題な感じだ

公開日: : 最終更新日:2014/10/08 病院・病気で得する情報

人が亡くなったという証明書である、死亡診断書。
これは医師免許を持つ人でなければ書けない書類。
家で朝になったら家族が亡くなっていた。救急車を呼んだら警察を呼んでから検死と救急隊員に言われた。そこで、検死医に診断書を書いてもらうことが警察の対応の流れになるが、病死と確定した場合、かかりつけ医の先生でも診断書を書けることになる。

解剖が必要ない事故死の検案書は検視医が書くが、病死の場合は、かかりつけの病院の医者が死亡診断書をかけるようになるから問題なのかな。

そもそも救急隊が警察を呼んだりした時点で、かかりつけ医の死亡診断書を使えないようにしてくれればめんどくさくならなくて済む。
警察も死亡診断書は医者で書けるといわなければいい。

人が亡くなったという証明書である、死亡診断書
検視がもし15万かかるならば、医者に看取ってもらえれば2万円で済むとすれば、誰でも100%医者に来て欲しいでしょう
そうなると、検視医に誰も頼みたくないでしょう。
在宅の看取りは病院の医者が行う看取りを推奨しているのか?

でも往診をしていない、看取りをしていない高齢者向け病院もあるでしょう。
その場合、かかりつけ医が看取りを行う必要があるのか?
だって、検視に15万円かかりますって言われたりしたら誰だって嫌でしょう。

死亡診断書はかかりつけ医でも書けますって言われるとそりゃ知ってる人に書いて欲しいわな

普通の病院は医者は忙しいからいちいち患者の家にいけないでしょう。
たとえば15日日曜日の朝に患者が家で亡くなったとする。
警察が調べた結果、事件性はなく、病死だった。(警察の検案というらしい)
警察が紹介してくれた費用がわからない検視医はいつこれるかわかりませんと言う。
警察は事件性はないから、かかりつけ医でもかけるという

そりゃいつ来るかわからない人よりわかる知っている人を待ちたい。
日曜日に病院に電話すると、医者は明日看取りに行きますという。
患者の家族はかかりつけ医がくる明日までクーラーをガンガンに効かせて家で待つ。

警察が死亡診断書はかかりつけ医でも書けますって言わなければ、患者の家族は病院へ電話してこなかったでしょう。いらない仕事を増やしているだけなのでは?
この対応は正しいのか?正しくないのか?
私にはわからない…

関連記事

インフルエンザの発症率と死滅の温度と湿度

インフルエンザの発症率と死滅の温度と湿度

インフルエンザは約2日の潜伏期間をえて突然38度以上の高熱が出るのが特

汗荒れの予防、かゆみと赤みのケア方法は?

汗荒れの予防、かゆみと赤みのケア方法は?

最近なった汗荒れ。非常に痛痒いんです。 私は後ろの首にできました。も

インフルエンザ2月のピークと予防接種の時期

インフルエンザ2月のピークと予防接種の時期

国立感染研究所の発表でインフルエンザが2週間連続で患者減少だそうです。

去年と今年のインフルエンザ定点あたりの報告数

インフルエンザ流行入りが早い理由。7年ぶりの速さ

去年と今年のインフルエンザ定点あたりの報告数。 そのなかでも医療

no image

内科だけで7種類以上薬を出すヤブ医者

1度に7種類以上の薬を飲んでいる人は無駄な薬を処方されている可能性があ

シーン別、日焼け止めのSPFとPAの目安

シーン別、日焼け止めのSPFとPAの目安

SPFとPAは肌の日焼けにどう影響するの? SPFとはSun Pro

前歯が折れて継ぎ足して20年後

前歯の永久歯が半分に折れた、継ぎ足して20年

小学校の頃、家の近くのマンションの工事現場の側溝に自転車で落ちて永

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
平成生まれの新卒がすぐに辞める問題について

平成生まれの新卒がすぐに辞める問題について考察。

no image
長時間労働?残業代全部つけて基本給の2倍もらおう

今の職場は長時間労働すぎて頭がおかしくなってくる。 夜

no image
夫が授乳中の妻と食生活を合わせたら1年で5キロ太った

だいたい57キロぐらいだった体重が今62キロを超えた。

洋食よだれ道
香芝のハンバーグが美味しい洋食よだれ道でランチしてきた

香芝の洋食屋さん洋食よだれ道というお店でランチしてき

no image
マニュアルがないと「ないからできない」あると「おまえがやれ」

頭を打つ仕事の仕方をしてたら誰にも追いつかれなくなった

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑