6月から流行りだす食中毒の原因物質は?

公開日: : 病院・病気で得する情報

食中毒の主な原因は細菌とウイルスです。
細菌は温度と湿度の条件で食品の中で増殖し、その食品を接種することにより食中毒を引き起こします。一方ウイルスは、食品を通じて体内に入り、腸管内で増殖し、食中毒を引き起こします。
食中毒を起こす細菌の多くは室温20度で増殖し始め、人間の体温ぐらいで増殖スピードが速くなります。また湿気も好む為、気温湿度の高くなる6月、7月、8月に食中毒が多く発生します。


6月から流行りだす食中毒の原因物質は?

6月から流行りだす食中毒の原因物質

腸管出血性大腸菌(O157やO111)

主な感染源:ウシ、ヒツジなどの家畜、感染者の糞便に汚染された食品や水
潜伏期:3~5日(10日以降もあり)
症状:水溶血便、激しい腹痛

カンピロバクター

主な感染源:鶏肉、生レバー
潜伏期:1~7日
症状:下痢、腹痛、発熱

サルモネラ菌

主な感染源:生肉(特に鶏肉)、鶏卵
潜伏期:6~72時間
症状:激しい腹痛、下痢、発熱、嘔吐

セレウス菌

主な感染源:河川や土壌に広く分布、穀類、豆類
潜伏期:嘔吐型1~数時間、下痢型8~16時間
症状:嘔吐、下痢

黄色ブドウ球菌

主な感染源:手指(特に傷や化膿巣)、糞便、鼻孔中の分泌物、およびこれらに汚染された食品
潜伏期:1~3時間
症状:嘔気、嘔吐、腹痛、下痢

腸炎ビブリオ

主な感染源:海産魚介類とその調理食品
潜伏期:5~40時間
症状:下痢、嘔気、腹痛、発熱

食中毒は飲食店だけでなく家庭でも発生します

ウイルス原因物質の特徴を知り、3つの原則で食中毒を防ぎましょう。
食中毒予防の3原則は、つけない、増やさない、やっつけるです。

ほかにもこれ読んでみませんか?

薬もらうだけの医療費をもっと安くする方法

薬もらうだけの医療費をもっと安くする方法

よく、お薬をもらうだけに病院やクリニックに通う方がいると思います。

ダニはアンテベート、ちくちくするのは抗アレルギー剤

ダニに噛まれたら塗る薬はアンテベート?

ダニに三か所噛まれた。 一週間以上かゆい。 家庭を持って4年目

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
建売を買う判断が早いのは新婚+子育て世代

建売の定価買いは注文住宅が買える値段 値下がりで買いた

no image
欲しい土地はすぐ買った方がいい!大手建築メーカーは客に買い逃がす経験をさせる

住宅展示場の営業マンは客に家を買い逃がさせたり、後悔させ

鍋にフライパンの蓋で圧力鍋の代わりができる
鍋にフライパンの蓋で圧力鍋の代わりができる

圧力鍋がなくてもサイズの合わない蓋で沸騰を早めれます

GUのNIRVANA(ニルバーナ)のTシャツは1000円ぐらいで買える
木村拓哉がGUのNIRVANAのTシャツ来てた

木村さ~~ん! #8「ごはんタイム!木村拓哉、“ファ

雨漏りでシーリングライトに水が溜まる素材写真
無料素材写真 台風豪雨浸水被害 天井と畳のカビ 雨漏りシーリングライト

無料写真素材ですが、使用の際は当サイトへのリンクをお願い

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑