6月から流行りだす食中毒の原因物質は?

公開日: : 病院・病気で得する情報

食中毒の主な原因は細菌とウイルスです。
細菌は温度と湿度の条件で食品の中で増殖し、その食品を接種することにより食中毒を引き起こします。一方ウイルスは、食品を通じて体内に入り、腸管内で増殖し、食中毒を引き起こします。
食中毒を起こす細菌の多くは室温20度で増殖し始め、人間の体温ぐらいで増殖スピードが速くなります。また湿気も好む為、気温湿度の高くなる6月、7月、8月に食中毒が多く発生します。


6月から流行りだす食中毒の原因物質は?

6月から流行りだす食中毒の原因物質

腸管出血性大腸菌(O157やO111)

主な感染源:ウシ、ヒツジなどの家畜、感染者の糞便に汚染された食品や水
潜伏期:3~5日(10日以降もあり)
症状:水溶血便、激しい腹痛

カンピロバクター

主な感染源:鶏肉、生レバー
潜伏期:1~7日
症状:下痢、腹痛、発熱

サルモネラ菌

主な感染源:生肉(特に鶏肉)、鶏卵
潜伏期:6~72時間
症状:激しい腹痛、下痢、発熱、嘔吐

セレウス菌

主な感染源:河川や土壌に広く分布、穀類、豆類
潜伏期:嘔吐型1~数時間、下痢型8~16時間
症状:嘔吐、下痢

黄色ブドウ球菌

主な感染源:手指(特に傷や化膿巣)、糞便、鼻孔中の分泌物、およびこれらに汚染された食品
潜伏期:1~3時間
症状:嘔気、嘔吐、腹痛、下痢

腸炎ビブリオ

主な感染源:海産魚介類とその調理食品
潜伏期:5~40時間
症状:下痢、嘔気、腹痛、発熱

食中毒は飲食店だけでなく家庭でも発生します

ウイルス原因物質の特徴を知り、3つの原則で食中毒を防ぎましょう。
食中毒予防の3原則は、つけない、増やさない、やっつけるです。

ほかにもこれ読んでみませんか?

近くにクリニックがないのに総合病院へ行くと特定療養費がかかる問題

近くにクリニックがないのに総合病院へ行くと特定療養費がかかる問題

大きい病院の近くに引越した。 でも受診すると特定療養費がかかる問題に

熱中症分類と対処方法

熱中症分類と対処方法

これから熱中症になる季節です。 熱中症とは、 1.体温調節がうまく

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

カニの殻から繊維
蟹の殻の再利用で繊維と化粧品・乳液になる

かがくdeムチャミタスという番組でやってたのですが、蟹の

ウインドウが画面外に飛んでいって使えなくなった場合を「一瞬で治す」方法
一瞬で直す方法!パソコンのソフトが動かない?画面の外にある?

よく職場でパソコンが使えなくなったと呼ばれることがありま

私、失敗ないので。貯金でマイホームを買う頭金にするは無謀すぎる
私、失敗しないので。貯金でマイホームを買う頭金にするは無謀すぎる

貯金でマイホームを買う、頭金に充てるのは無謀です。 ※

1才の息子は最近寝る時、うつむいてしか寝れない。
1歳のうつぶせ寝をやめさせたいがすぐ元に戻る

1才の息子は最近寝る時、うつむいてしか寝れない。

大学生の頃、初めてぎっくり腰の体験談
大学生の頃、初めてぎっくり腰の体験談

書くことがないので昔話。 大学生の頃初めてぎっくり腰に

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑