6月から流行りだす食中毒の原因物質は?

公開日: : 病院・病気で得する情報

食中毒の主な原因は細菌とウイルスです。
細菌は温度と湿度の条件で食品の中で増殖し、その食品を接種することにより食中毒を引き起こします。一方ウイルスは、食品を通じて体内に入り、腸管内で増殖し、食中毒を引き起こします。
食中毒を起こす細菌の多くは室温20度で増殖し始め、人間の体温ぐらいで増殖スピードが速くなります。また湿気も好む為、気温湿度の高くなる6月、7月、8月に食中毒が多く発生します。


6月から流行りだす食中毒の原因物質は?

6月から流行りだす食中毒の原因物質

腸管出血性大腸菌(O157やO111)

主な感染源:ウシ、ヒツジなどの家畜、感染者の糞便に汚染された食品や水
潜伏期:3~5日(10日以降もあり)
症状:水溶血便、激しい腹痛

カンピロバクター

主な感染源:鶏肉、生レバー
潜伏期:1~7日
症状:下痢、腹痛、発熱

サルモネラ菌

主な感染源:生肉(特に鶏肉)、鶏卵
潜伏期:6~72時間
症状:激しい腹痛、下痢、発熱、嘔吐

セレウス菌

主な感染源:河川や土壌に広く分布、穀類、豆類
潜伏期:嘔吐型1~数時間、下痢型8~16時間
症状:嘔吐、下痢

黄色ブドウ球菌

主な感染源:手指(特に傷や化膿巣)、糞便、鼻孔中の分泌物、およびこれらに汚染された食品
潜伏期:1~3時間
症状:嘔気、嘔吐、腹痛、下痢

腸炎ビブリオ

主な感染源:海産魚介類とその調理食品
潜伏期:5~40時間
症状:下痢、嘔気、腹痛、発熱

食中毒は飲食店だけでなく家庭でも発生します

ウイルス原因物質の特徴を知り、3つの原則で食中毒を防ぎましょう。
食中毒予防の3原則は、つけない、増やさない、やっつけるです。

ほかにもこれ読んでみませんか?

うつ伏せと空腹の便秘解消法が簡単すぎる

その便秘解消法とは、うつ伏せで10分ゴロゴロする+8時間以上空腹の

受診歴なしだと救急車を断られるから大きい病院をかかりつけにする

噂話はよく聞くもので、年を取っておじいさんおばあさんになるといつ救

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
アイデア:お好み焼きバー

最近は食わず嫌いが多く、おいしいまずいにかかわらず と

ウインドウズフォトの取り込み機能のエラーが麺
iphoneの写真バックアップが途中で止まる?解決方法決定版!

windowsでiphoneの写真バックアップに相当てこ

爆弾を落としたほうが勝ち、基地を作ったほうが負けです。
積み木爆弾落としゲーム

この遊びは昔、自分の弟とよくやりました。 遊びの名

4才幼児がハマる、A4コピー用紙にミニカーの道を書く遊び
4才幼児がハマる、A4コピー用紙にミニカーの道を書く遊び

4才男幼児ならハマる A4コピー用紙に自分で鉛筆や

no image
近寄らないで、飛ばす車、ボコボコの車は危険!

危険な人、車には自分から近づかないのが吉です。 例えば

→もっと見る

PAGE TOP ↑