6月から流行りだす食中毒の原因物質は?

公開日: : 病院・病気で得する情報

食中毒の主な原因は細菌とウイルスです。
細菌は温度と湿度の条件で食品の中で増殖し、その食品を接種することにより食中毒を引き起こします。一方ウイルスは、食品を通じて体内に入り、腸管内で増殖し、食中毒を引き起こします。
食中毒を起こす細菌の多くは室温20度で増殖し始め、人間の体温ぐらいで増殖スピードが速くなります。また湿気も好む為、気温湿度の高くなる6月、7月、8月に食中毒が多く発生します。


6月から流行りだす食中毒の原因物質は?

6月から流行りだす食中毒の原因物質

腸管出血性大腸菌(O157やO111)

主な感染源:ウシ、ヒツジなどの家畜、感染者の糞便に汚染された食品や水
潜伏期:3~5日(10日以降もあり)
症状:水溶血便、激しい腹痛

カンピロバクター

主な感染源:鶏肉、生レバー
潜伏期:1~7日
症状:下痢、腹痛、発熱

サルモネラ菌

主な感染源:生肉(特に鶏肉)、鶏卵
潜伏期:6~72時間
症状:激しい腹痛、下痢、発熱、嘔吐

セレウス菌

主な感染源:河川や土壌に広く分布、穀類、豆類
潜伏期:嘔吐型1~数時間、下痢型8~16時間
症状:嘔吐、下痢

黄色ブドウ球菌

主な感染源:手指(特に傷や化膿巣)、糞便、鼻孔中の分泌物、およびこれらに汚染された食品
潜伏期:1~3時間
症状:嘔気、嘔吐、腹痛、下痢

腸炎ビブリオ

主な感染源:海産魚介類とその調理食品
潜伏期:5~40時間
症状:下痢、嘔気、腹痛、発熱

食中毒は飲食店だけでなく家庭でも発生します

ウイルス原因物質の特徴を知り、3つの原則で食中毒を防ぎましょう。
食中毒予防の3原則は、つけない、増やさない、やっつけるです。

ほかにもこれ読んでみませんか?

突然死する可能性が高い血液検査の4つの値とは?

急死=突然死について興味があるので眺めていたら、みんなにも見てもらいた

20代男性女性突然死の死因 若者の心臓発作の原因

最近他人の子供さんが20歳代で心臓発作で何人か亡くなって親は悲しんでい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
中学生が高校に興味があると思うほうがおかしい

NHKのウワサの保護者会見てたら、 中学生になると学生

no image
岡山県湯原ダムのポルシェの別荘とオオサンショウウオの話

ポルシェのおっちゃんの別荘に行った時、 夜に水道の蛇口

no image
サイト譲渡に伴う運営者変更について

サイト譲渡に伴い運営者変更となります。 詳細は後日。

トミカの高速道路と建設現場は中途半端に合体できる
トミカの高速道路と建設現場は中途半端に合体できる

建設現場は親戚に借りているんだけど、 この建設現場

wordpress 検索で&x=&y=を消す方法、kubrickは関係ない
wordpress 検索で&x=&y=を消す方法、kubrickは関係ない

もう何年も前から気づいていましたが放置していました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑