透析患者の夫を持つ看護師の妻の苦悩

公開日: : 最終更新日:2018/08/04 病院・病気で得する情報

2日に一度の6時間の透析は精神的にかなりしんどい。
毎日心が折れそうになる。
でも孫の顔を見ると元気になると夫が話すそう。

昔はバリバリ働いていたのに今は仕事もしていない。
ずっと家にいるか透析しているかの繰り返しで、家ではすごい神経質になる。
被害妄想や、家の隙間のゴミを見つけたらずっとコロコロする。

看護師の妻は、息子と孫のありがたみが非常にわかると言う。
夫はストレスが溜まるとすぐ妻に当たる。
でも妻はわかっている。本人が一番辛いと言うことを…。

傍から見ると一番辛いのは明らかに透析患者の夫を持つ妻です。
健康保険の支払いも厳しい。生活苦になる。
収入も妻が看護師の仕事をして支えているし…

末期腎不全になると一生人工透析をしないといけない。
最近では腎臓移植や病腎移植などテレビでやってるけど、ほとんどそんなこと出来ない。

人工透析の医療費は1000円

人工透析の医療費の患者負担は身体障害を持っていれば月1000円です。
大体1ヶ月の透析にかかる医療費は大体35万円ぐらいです。
年間420万円ぐらいかな。薬が多ければもっとします。
でも、患者負担は1000円です。

人工透析になると、医療費はほとんど簡単に言うと国が払う。
これもバリバリ働いていた人が人工透析をして苦悩をする理由の一つだと思う。

だけど生きる。たとえば僕が死んだらっていう選択肢なんて考えられない。

医療事務のやりがいと求められるのは人間力について

医療事務の仕事なんて本当にただの屑のような仕事です。
病院では底辺だし、辞めても変わりは誰でもいるし、休みは少ないし給料は安いし。
病院で働くには、やっぱり国家資格を持って働くべき。
ですが、病院の収入を請求しているのは医療事務です。

医療を提供しない医療事務は医療の勉強はしないけど、患者や患者の家族からいろいろ思いを聞く。
そうすると知らず知らずのうちに医療の知識が身についてくる。

これからの医療の仕事っていうのは人間力が求められると思う。
患者を集められるのは医者や看護師だけではない。
医療事務も人間力で集客できると私は実践しています。

病気を治療するのは医者の仕事。
でも心を助ける医者なんて10人中1人いるかいないかでしょう。
苦悩する患者の心を助けたいのは、助けることが出来るのは、
医者や看護師だけでなく、医療事務も可能だと思っているから。

人間は追い詰められるほど頑張ってしまう性なんですね。悲しいです。
ちなみに性(サガ)とは、人が生まれながらに持っているものという意味です。

今回の記事は心に残った言葉のせいで、なんだか手が勝手に動いてしまいました。

ほかにもこれ読んでみませんか?

ベジータなぞなぞ

1分でわかる薄毛の常識。これで心はフサフサ!

1分でわかる薄毛の常識をまとめました。 これで心はフサフサです!

病院の計算をする場所

病院が医療費の計算を間違う理由

医療事務って人によって結構解釈の仕方が違っていて、計算方法が違い、お会

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
油2センチ、塩で180度、バッター液でカツをカリッと揚げる

ためしてガッテンでやっているカラカラパリパリでカリッとに

受験生は薬局でヒロポン買って医大に入って医者になった
年収300万円でも私学の医学部のお金の準備は可能だが高偏差値教育は資金不足

未来の話なので一旦もう忘れるのでメモした。 重要な

学力という格差社会に負けた
40代にもなって年収300万円台は負け組

現代日本の資本主義の稼ぎ方を40年かかっても理解できなか

事務は転職したら3倍働かないといけない
手取りの3倍稼ぎなさいは今でも心に残る言葉

昔、ホームページ制作をリース契約させるホームページ制作会

プラレール博は想像以上に渋滞・人混み・行列・待ち時間
プラレール博は想像以上に渋滞・人混み・行列・待ち時間だった

こんなもんじゃありません、入り口は外から大行列。入る

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑