雑炊が誤嚥しやすい、液体と固体にわかれた食べ物

公開日: : 最終更新日:2013/09/08 病院・病気で得する情報

雑炊のイメージ
日曜朝のテレビ番組、健康カプセル元気の時間でわかったこと。
なぜ、高齢者の療養型病院などで「とろみおかゆ」ばっかりご飯にするのかわからなかったんですよ。
(シーゼットハイ等の介護食・嚥下食・流動食は豆製品だからおかゆもこっちも毎日味が変わらず本人には同じなのか?)
おかゆに栄養や味を混ぜれば、もっと美味しいんじゃないかと。(生活の質を高めるのは食も重要だから)
卵とか中華風とか、鰹節とか。ですが、液体に固体を混ぜるのがダメだったんですね。

高齢者を襲う肺炎

日本人の死因3割が肺炎。
亡くなる方の9割が65歳以上。
昭和大学歯科病院 口腔リハビリテーション科 横山先生

誤嚥性肺炎が高齢者に多い理由

食べ物や唾液が気管に入ることで細菌が繁殖し肺炎を引き起こす。
呼吸するため気管が開いている、飲み込むときは気管が閉まり食べ物は食道に流れる。
喉頭蓋が、食べ物が通る前に反射的に閉まり、気管への侵入を防いでいる。

60歳を超えると飲み込みの反射が遅いので飲んだ後の液体が残る。
70歳になると飲み込む前にのどに入り、気管にも入り込む。
高齢になると喉の筋力が低下し飲み込む力が弱くなる。
吐き出す力や免疫力も弱まるため肺炎になるリスクが高まる。

食事を取る正しい姿勢、首の角度で大幅に誤嚥しにくくなる

上を向いたり、寝たりすると嚥下反射が起こる前に液体が流れるので誤嚥しやすい。
誤嚥しにくい姿勢、あごとのど仏が近い体制で喉頭蓋が閉まりやすい。
あごを適度に引き、集中して食べる。テレビや会話しながらだと誤嚥しやすい。

誤嚥しやすい食べ物

ゼリー、おかゆ、雑炊の中で一番誤嚥しやすいのは雑炊。
雑炊は液体と固体にわかれた食べ物。
雑炊は飲み込んだ後に分離しやすい。液体が先に飲み込まれ、分離したご飯粒やネギが喉に残る。
そば、うどん、そうめんも分離しやすい。
水分を減らしてとろみをつけることで誤嚥を減らしましょう。

つばを飲み込む「空えんげを」1日5回ぐらいで訓練になるそうです。
口腔ケアで、歯磨き口の中をきれいにすることだけでなく、刺激で嚥下の訓練を繰り返すのもいいそうですね。

ほかにもこれ読んでみませんか?

患者の気持ちになって考えればそれが正解

タイトルは確かに危ない考え方ですが、私が共感する考え方で、確かどこ

気持ち悪いけど毎日歯石の臭いを嗅げば虫歯は防げる

自分調べ。 虫歯は20才以降治療したことがない。 四捨五入で2

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
特許アイデア:手話翻訳はソフトウェアで可能のはず、LINEが開発すればいい

昔から思ってたけど 手話の自動翻訳は可能のはず。 自

トランクスの例
今ポジションを持っておくべき理由を初心者なりに思ったこと

あ~、電力株に力を入れていると、含み損が増えてきてマ

特許アイデア:ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の構造に変更
特許アイデア:ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の構造に変更

ご飯のしゃもじをヨーグルトの蓋の裏の部分のように水分

no image
公式ページの写真を流用するとヤフオクアカウント停止されるよ

知り合いで出品したらアカウント停止されたらしい。 理由

4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる
4才長男と遊ぶ。厚紙に展開図書いて車を組み立てる

夜勤明け、子供と時間をつぶすネタはいつも苦労してます

→もっと見る

PAGE TOP ↑