脳のがん摘出手術 グリオーマ 東京女子医科大学

公開日: : 最終更新日:2014/06/09 病院・病気で得する情報

脳腫瘍 グリオーマ 5年死亡率80%
東京女子医科大学病院 脳神経外科 丸山先生
たけしの健康番組より脳のがん摘出手術の要点を書きました。
自分の家族、知り合いがいれば紹介できますからね。
対応できる病院はみんな知りたいと思うので書きました。

腫瘍の周り 言語野まで進むグリオーマ。
東京女子医科大学病院の脳外科の手術チームは覚醒下腫瘍摘出術を行う。

東京女子医科大学病院の覚醒下腫瘍摘出術

患者を目覚めさせたまま 腫瘍を摘出する。
グリオーマの特徴は、正常細胞と腫瘍の境目がわからない。
見極めることが重要で難しいところ。
見極めないと腫瘍を確実に取ることが出来ない、出来ないと再発する。
脳に電気刺激を与えながら、絵を見せ、答えさせながら脳に電気刺激を与えて問題があれば答えられない。

覚醒下腫瘍摘出術は、5年の生存率25%を70%。
言語症状を出してないのが不思議なぐらい圧迫していて大変な状態だった。

頭蓋骨の一部を切除し、脳をむき出しにする。
MRIが手術中に撮影できる。最大の武器。
腫瘍の位置を特定するにはMRI画像がかかせない
これまでは手術前だったので腫瘍の正確な位置がわからなかった
特殊なMRIならば、開頭したあと直後に撮影が可能。
メスの正確な位置がわかる。
インテリジェント手術システム、世界初のシステムによる覚醒下腫瘍摘出術。

電気刺激を与えながら、正常な組織を探っていく。
パソコンで絵を表示して即座に名称を答えてもらう。
端子が触れた瞬間 音とともに電気刺激が流れる。もし答えにつまったりしたら、そのとき触れている場所が正常な細胞だということ。
1から20まで数えてください。数を数えるテスト。
刺激を与えられると言葉に詰まった。ここが正常細胞、これより外側は切ってはいけない。
テストを繰り返すこと30分、ようやく腫瘍の全貌が捕らえられた。

あとは境目ぎりぎりまで腫瘍を切除するだけ。
正常な細胞を傷つけないようにメスを進める。
手術開始から10時間、手術は無事成功した。

その後、抗がん剤、放射線治療をうけ9年後も再発無しで暮らす。

手術を受けた人の気持ち
頭が開いているのに答えられるのかな?とおもったが、答えている自分が不思議。
いいたいことがわかっているのに声が出てこない。
そこが1箇所あったので切らなかったといわれましたけども。

関連記事

医療事務のイラスト

医療費と実費の違い、病院は対応が悪い明確な理由

答えは、病院は医者が行った医療行為しか保険点数として算定できないからで

風邪で効かないジスロマックを出す理由

風邪で効かないジスロマックを出す理由

病院で働いていますが、医療の知識も乏しい患者に近い存在である医療事務の

カフェイメージ

病院の近くでカフェすれば儲かるかも、立地条件情報

自分の手に職をつけて働けたら自由なんじゃないかと思います。 年収35

エンテロウイルスD68脊椎のC2~C7病変

生後1か月~11歳で原因不明の体の麻痺、エンテロウイルスD68

原因不明の体の麻痺が起こった一部の患者からエンテロウイルスD68が

インフルエンザの発症率と死滅の温度と湿度

インフルエンザの発症率と死滅の温度と湿度

インフルエンザは約2日の潜伏期間をえて突然38度以上の高熱が出るのが特

6月頃から流行する感染症は?

6月頃から流行する感染症は?

6月頃から夏風邪が流行する季節です。代表的な3つの感染症をご紹介します

目頭の炎症でクラビット。ヤブ眼科に行ってきた

目頭の腫れと炎症でクラビット。ヤブ眼科に行ってきた

なぜ近所でも有名なヤブ眼科に行ったのかというと朝起きれなかったから

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
子供ユーチューバー賛成の理由

昔は子だくさんだった理由 昔は子供は労働力だった。

no image
子供は炎天下の車の中に3時間いるだけで死ぬ

真夏、炎天下の車内は60度にも70度にもなります。 車

no image
大人の階段って何?学生食堂でバイトしてた話

20代後半から仕事がバリバリできるようになりストレス耐性

祝日の京都水族館のイルカショーは立ち見
朝に京都水族館、夕方に帰宅で昼寝にしたらよかった

息子と嫁と京都水族館でデートしてきました。 京都水

no image
子供に自分で選ぶ、決断する力をつける方法とは?

エア子育てシリーズ。 いろいろ妄想して、うちの息子をど

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑