病院の新しい探し方、DPCを使って大阪の脳外科病院を探してみた

公開日: : 最終更新日:2014/06/01 病院・病気で得する情報


病院には機能があって、得意分野があります。
脳外科に強いだとか、救急に強いだとか、在宅医療に強いだとかです。
ですがそれは公開されていないので、患者である私たちは、病院を選ぶことが出来ませんでした。
ですが、今DPCという制度が病院に導入されており、病院の評価が出来る時代になっています。私も始めて調べるのですが、何回かに分けて、この公開されているDPCを使って病院の探し方を考えてみようと思います。

病院を探すために使うのは、DPC「診断群分類包括評価」という評価方法です。
このDPCというシステムに参加するためには、病院は医療機能の情報を公開する必要があり、その公開されたデータを私たち患者が見ることが出来るものです。
私はこの見方や集計方法についてまったく知りませんでしたので、ブログでの公開を受けて、調べながらいろいろ考えてみたいと思います。
今回は本で調べていませんので、今後文章が間違っていたら修正予定です。

●なぜ病院を探さないといけないのか?

重度な病気になった場合は、大抵手術が必要です。難しい手術だと、腕がよくないと後遺症が残ったり、一生薬を飲み続けないといけないだとか、失敗すれば死んでしまうなどのリスクが伴うからです。
日本の治療費は大体どこの病院に行っても同じです。
同じ金額を払うのであれば、いい治療を受けたいと言う気持ちは誰にでもあるはずです。

●厚生省のページからDPC情報はダウンロードできます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001u23a.html
この公開された情報は多岐に渡っていてそれがすべてエクセルになっていますので、数字で機能を確認することが出来ます。
まずはどんなことがわかるのか羅列してみました。

在院日数の状況
救急車による搬送の有無
救急医療入院
他院よりの紹介の有無
退院先の状況
退院時転帰の状況
MDC構成比
施設別MDC比率
診断群分類別在院日数
在院日数の平均の差 MDC別
手術・化学療法・放射線療法・全身麻酔について
精神病棟の集計
疾患別・手術別集計

主要診断群ってはじめて聞きましたが、おそらくもっとも医療資源を投入された病名と言うことのようです。

MDC1 神経系疾患
MDC2 眼科系疾患
MDC3 耳鼻咽喉科系疾患
MDC4 呼吸器系疾患
MDC5 循環器系疾患
MDC6 消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患
MDC7 筋骨格系疾患
MDC8 皮膚・皮下組織の疾患
MDC9 乳房の疾患
MDC10 内分泌・栄養・代謝に関する疾患
MDC11 腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患
MDC12 女性生殖器系疾患及び産褥期疾患・異常妊娠分娩
MDC13 血液・造血器・免疫臓器の疾患
MDC14 新生児疾患、先天性奇形
MDC15 小児疾患
MDC16 外傷・熱傷・中毒、異物、その他の疾患

まず簡単に考えてみると、上記の事をやっている件数が多ければ多いほど、その疾患の専門病院だということがわかるということですね。

●例えば、脳の手術ができる大阪のいい病院を探してみたい

例えば、例として私の弟の病気で、大阪で手術するならどこがいいのかというのを調べてみようと思います。だがこのDPCを利用して病院を探す問題点があり、ある程度どんな病気かわかっていることが前提です。
弟の病気は、海綿状血管腫という脳血腫のひとつです。頭の中に血腫が出来る病気です。

ですから、その病院の医師がどれだけ病気を見つけることが出来るのかというのも重要です。第一位段階で、患者が家の近くの病院に行ったとき、病気が判明して、さて手術をどうしますか?というときにこの公開されたデータが使えると言うことです。

順序を書いてみると、
1.病院に連れて行って脳血腫ということがわかった
2.入院して手術をしなければいけないということがわかった
3.その手術は後遺症が残るほど難しい手術だと言うことがわかった
4.年齢が若くリスクが高いので腕のいい先生に手術してもらいたい

厚生省のページにある、
(7)疾患別・手術別集計
 ・疾患別・手術別集計 類型別(Excel:804KB)
のエクセルを開いてみると、疾病コード010040、非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)というのがありました。
弟の病気はたぶんコレでしょう。

次に、その下にある ・疾患別・手術別集計 MDC01(Excel:3113KB) を開いてみました。そこには脳の手術(なぜ神経系疾患なのかわからないが…)のリストがあり、左には病院の名前があります。
この中で、疾病コード010040の件数が多いランキングをエクセルでソートすればいいわけです。
手術の件数だけを見ると、多い方が得意だと言うことですから、済生会熊本病院が日本一この非外傷性頭蓋内血腫の手術をしている件数が多いと言うことになります。

私はてっきり、脳の手術で一番件数が多いのは、大阪大学医学部附属病院だと思っていたのですが、なんとソートしてみると、手術件数が0件なんですね。やっていないということか。
大阪でおそらく一番非外傷性頭蓋内血腫の手術件数が多いのは、大阪市浪速区にある医療法人寿会富永病院だということがわかりました。
調べ方が合っているかは別として、私たちが知らない専門病院を見つけることができると言うのは非常にすばらしいことですね

次はいつになるかわからないけど、DPCがどういう風な構造になっているのか調べてみようかなと思います。

ほかにもこれ読んでみませんか?

医者狙いで結婚する方法、成功者の特徴

救急で一晩乗り切る医者の判断基準や判断材料が参考になる

今日はお勧めサイトの紹介です。 医療事務として働く上で医者がどういっ

kusuri2

未確認:日本は捨てる薬を輸出など再利用するべき

薬は使わない変更でも返金しない病院、再利用方法はあるのでしょうか?

Comment

  1. フアンタ より:

      始めまして

      フアンタです。

    脳海綿状血管腫が見つかり病院を探しているところです。

  2. iida より:

    病院探しをする時間があるかないか、手術をするかしないか、年齢などで大きく変わってくると思います。その後の将来のリスクもあります。小さい病院でも専門科があれば対応しているところもあるし、本当に様々でいい助言がありませんが、いい主治医に出会えるように祈っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
追い焚きできない風呂だとイヤイヤ期は大変だ

夫婦2人の新居のハイツのお風呂は追い焚きできない事に対し

no image
狭い道を譲らない黒いワゴン ハイブリッド車 ナンバープレート1桁

生活道路で一方通行ではない道。 近所に住む黒いワゴン 

ハッピーセットのシールが髪の毛につく事故
ハッピーセットのシールが髪の毛につく事故

マクドナルドのハッピーセットのシールを剥がして服に着

脊髄損傷が点滴だけで治る。歩けるまでの期間は7か月
脊髄損傷が点滴だけで治る。歩けるまでの期間は7か月

NHKで脊髄損傷の人が歩けるようになる再生治療の治験

no image
NHK朝ドラのテーマがアニメの見解

アニメといえば昭和生まれの団塊の世代にとっては悪い印象

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑