コンビニで大阪ラーメンを買って食べてみた。家は産経新聞だし

公開日: : 最終更新日:2015/07/08 食べ飲み物


パッケージが大阪というよりは産経新聞の新聞紙が張り付いてる印象の大阪ラーメンを食べてみました。私の家では昔から産経新聞を取っていて、新聞にラーメンプロデュースしたと書いてあるから食べてみたかったのです。
普通のしょうゆ味のラーメンよりも甘辛というだけあって非常に濃い
濃くて辛くてちょっと甘い。そして、とろろがいい感じにさらに甘くしているまさに甘辛いラーメンでした。濃いのでご飯にも合うと思いますよ。

うちの母に食べたというと、イズミヤでは147円で売ってたとの事。
ローソンだと190円もするんですよ。コンビニは値段が高すぎる!
値段が高いだけあって量が普通のラーメンよりも多いです。

この大阪ラーメンは産経新聞とエースコックが共同開発したラーメンで、大阪にご当地ラーメンがないのはなぜかという疑問が発端らしい。
年間53億個も消費されるカップラーメン。その商品の数も非常に多い。それに埋もれないための産経新聞を使うPRというのはいいアイデアだと思います。
たしかに大阪ラーメンといえば、ふくちゃんラーメンの系列しか思い浮かばないなぁ。

始末を表現しているらしいが、その意味がわからないので調べてみた。
始末するというのは、大阪弁らしい
始末するは物事のしめくくりをつけること、片付けることを意味する。
この大阪ラーメンで使用する味にはバイプロというのが利用されている。
このバイプロというのは、カップラーメンの汁を作ったときに出る残ったスープのことらしい。

つまり、何らかのスープを作ったときに出る通常は捨てる汁を、この大阪ラーメンのスープの味に利用しているらしい。
料理では、よく玉ねぎを炒めたりしたときに出る汁を、ソースを作るときに使ったりする。たぶんそれだと思う。まあ詳しくはよくわからなかった。
まあまとめとしては、その普通は捨てるような副産物を使い、材料を使い切ること、
材料を使い切る → 材料を片付ける → 片付ける → 始末の味
ということらしい。


【大阪出身の漫画家ゆでたまご先生の代表作「キン肉マン」とのタイアップ!!】カップラーメン・…
大阪や関西の人はケチでがめついといわれている。
だけどケチが一般家庭に行き届いているからこそ、料理では材料を使い切る節約料理が多いといえるのだといいたいらしい。

だけど、ゴミ排出量を見ればわかるとおり、大阪の人はすぐゴミを捨てる
一人当たりのゴミの排出量は日本でトップ5に入る。

街や道路が汚いのはみなさんもご存知だろう。大阪の人はすぐにポイ捨てする。
しかも要らないものをすぐに買う。しかも生活保護受給者も非常に多い都道府県です。
生活保護受給者は、支給額の毎月10万円ぐらいを貯金することが出来ないので毎月使い切る
まさに他人にはケチなのに自分には大甘な自分勝手が多い大阪です。

その大阪が始末という言葉で、片付けるのは非常に変な感じがする。
このラーメンの始末する先、大阪人が始末するのは、自分自身のすむ大阪に多くいる身勝手な人の事なのかもしれない。
そんなわけないか。

ほかにもこれ読んでみませんか?

no image

化粧用霧吹きとラー油容器を使って醤油とソースの使う量を減らして節約&健康!一石二鳥!

今日のたけしのテレビ番組「朝日放送 | 最終警告!たけしの本当は怖い家

チルドカップコーヒー

チルドカップコーヒーが売れている(プラスチック容器に入ったコーヒー)

森永乳業のマウントレーニア』は手ごろな価格で買えるチルドカップコー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

賃貸がいいという人は今回の常磐道あおり運転で指名手配不動産社長のような
あおり運転の不動産社長を見てると賃貸やマンション借りない方がいいよ

賃貸と一軒家どちらがいいかといわれるが地方の圧倒的に

no image
1000万円貯める最短の近道は5年給料を使わないこと

年収300円台でも1000万円貯めるのは簡単。 給料を

空想の安い190円のホットウィールしかない
奈良県王寺駅の西友にホットウィール190円が売っているが

最近日本車種のホットウィールが欲しいな~と思う。

マダニはお腹をつかんで取ると頭が残り血が逆流するので注意
まだに症はマダニに噛まれた・刺された=虫刺症を表しているのか

まだに症はマダニに噛まれた・刺された=虫刺症を表して

お金のイメージ
貯金は給料が低かろうが高かろうが関係ない

貯金のない人がよく言う貯金ができない理由、給料が低い

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑