黒毛和牛は一っ番美味しい日本の牛

公開日: : 最終更新日:2015/07/07 食べ飲み物


和牛とは、日本の在来種を元に作られた牛の事で、いわば家系の大本が日本の牛であるかとうことです。
牛のご先祖さんがわかる品種といういわば血統書付きの牛という事です。

肉食の牛の中でも、黒毛和種・褐毛和種・日本短角種・無角和種と種類があります。
和牛の9割が黒い毛を持つ黒毛なことから、黒毛和牛が値段が高く美味しいと思われがちだが、和牛ならすべて美味しく、その9割を占めるのが黒い毛という考え方の方が正しいかもしれない。
農林水産省のガイドラインでは、国内で生まれて生産して日本の牛の遺伝を持つことが和牛と表記していいようになっているみたい。

特に和牛は海外の牛のように食用になるまでに比較的簡単なわけではなく、飼育方法と飼育期間が大きくかかるために大量生産が難しく、値段も高くなるということです。
東北の震災で被災に合った和牛を生産する方々をテレビで見ましたが、みんなすべて生産者というようりは和牛ブリーダーです。
牛を自分の子供のように育てている。あれだけ可愛がって育てた牛が「日本の和牛」なんですよ。
テレビの放送で日本の黒毛和牛の有り難さというか、海外の牛には絶対に負けない美味しい秘訣というのがちょっとわかった感じがします。

できた牛の肉は本当にやわらかくて味があって美味しいのですが、
今後TPPの流れで日本の牛があまりに値段が高すぎて手が伸ばしにくく、
和牛を生産する農家たちもダメージをこうむる可能性がある。


黒毛和牛,お歳暮,ハンバーグ,お祝い,内祝い,誕生日,クリスマス,パーティー,母の日,父の日,敬老…
どちらにしろ、せっかく美味しいものを食べたいと思って、お金を出せるというのであれば是非メイドインジャパンを買ってあげて欲しいとおもいます。

先日彼女の誕生日にレストランで黒毛和牛をコースの1品としていただきました。
非常に柔らかく、味があって美味しいのです。一っ番美味しい日本の牛だと思います。
分厚くても簡単に噛み切れて味わえるのはやっぱりステーキ用の和牛だと思います。
日本を支えるのは日本人です。
美味しい食文化をこれからも残していけるように頑張って欲しいと思います。
消費者も高いけど日本産を消費してあげるというものいいと思います。

今回のエントリーはお嬢さんに、「ブログ何書いて欲しい?」と聞いたら、
「黒毛和牛」というリクエストを頂いたから書いた次第です。
一緒に食べた料理美味しかったですよ。

関連記事

便秘なのでプルーンを買った

便秘なのでプルーンを買った

会社で飲み会で焼肉ビール、カラオケ、深夜にラーメンと食べまくり、そ

イオン大日のアップルパイ

イオン大日のらぽっぽでポテトアップルパイを買った

焼きたてポテトアップルパイをイオン大日で買いました。 アップルパ

チルドカップコーヒー

チルドカップコーヒーが売れている(プラスチック容器に入ったコーヒー)

森永乳業の『マウントレーニア』は手ごろな価格で買えるチルドカップコ

カルディーの無料コーヒーが甘い理由を推測

カルディーの無料コーヒーが甘い理由を推測

カルディーという海外の輸入食材屋が流行っていてどこのショッピングモール

母が大好きなグラノーラは牛乳が飲めるからいいわ~

母が大好きなグラノーラは牛乳が飲めるからいいわ~

朝のNHKニュースで取り上げられていた、大阪のグラノーラ専門店(カ

納豆のフタってコースター代わり

納豆のフタってコースター代わりになるって知ってた?

納豆って発砲スチロールみたいな入れ物でできていて、上下が分離できま

ちゃあしゅうや亀王

石切のドンキホーテ2Fにあるちゃあしゅうや亀王でラーメン食べた

会社の同僚とラーメン食べてきました。1ヶ月間沖縄県から応援に来てい

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
節約とケチ(貧乏で悲惨)の違い

大阪のケチなおばはんの本、カンサイ式節約術をちょとだけ読

SKE48の松村香織さんが握手会の汗臭いクレーム問題
腐った魚の臭いがするSKE48オタクのおっさんは病気かもしれない

SKE48の松村香織さんが握手会の汗臭いクレーム問題につ

no image
子供ユーチューバー賛成の理由

昔は子だくさんだった理由 昔は子供は労働力だった。

no image
子供は炎天下の車の中に3時間いるだけで死ぬ

真夏、炎天下の車内は60度にも70度にもなります。 車

no image
大人の階段って何?学生食堂でバイトしてた話

20代後半から仕事がバリバリできるようになりストレス耐性

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑