八尾で仕事終わった後に鶏飯-ケイハンを食べてきました。

公開日: : 最終更新日:2013/12/23 食べ飲み物

八尾の飲み屋 奄美の風
仕事の先輩と後輩と深夜に軽食を食べに行ってきました。こじんまりとした飲み屋です。
23時ぐらいだし、次の仕事も家を7時にでないといけないのでちょっとだけ飲みにという感じ。

その八尾にある飲み屋は徳之島という鹿児島の離島出身のオーナーのお店らしく、ケイハンという謎のごはんがおいしいらしいというの聞き、ちょっと気になってました。八尾の奄美の風?というお店は、アリオ八尾らへんを奈良方面に行くと、100円均一とかカメラ屋?とかある交差点で右に回ってちょっといった右側にあります。

マンゴージュースとかを飲みました。マンゴーとかシークアーサー?とかは、奄美大島とかで取れる果物らしい。まあすごく甘いジュースです。

鶏飯-ケイハン
ケイハンは鳥のだしをご飯にかけたお茶漬けのような食べ物です。

はじめはゆずの香りがしてちょっとすっぱく、錦糸卵とか出汁しいたけなどがトッピングしてあり、まぜるとささみのような鶏肉が出てきます。食べていくうちに、ショウガの味がちょっと増して温まり、最後には鳥のちょっと薄めのスープのだしで食べるという感じで味の変化が楽しめる、地元の料理という感じでした。鹿児島で食べれるらしい。

ちょっとは南の感覚を味わえることができましたよ。

そのほかにも、南の島の海草を使った卵焼きとか、焼きそばのようなものなども食べました。

奄美の焼きそばのようなもの
また時間があるときなら地酒とか飲んでみたかった。
南の島は、死ぬまでに一度は行ってみたいですね。私にとっては沖縄らへんの島っていうのは、ハワイとかみたいな感覚があるのです。

最近毎日時間が過ぎるのが早い。営業をしてたときなんて1日が3日ぐらいに感じられるぐらい長かった。毎日いやでいやで仕方なかったですからね。

今は精神と時の部屋にいるほど毎日がめくるめく過ぎていく。工場の排水のように垂れ流すだけの時間がもったいない。排水の流れで発電して、熱で発電して、さらに浄化施設できれいな水にしてから川に流すぐらい密度の濃い時間を送ってみたいものだ。
もちろんその川には魚や微生物、虫が過ごせる環境を作り、小学校から子供達が訪れ魚のつかみ取りとかもできて、名前も「いいだしっぺ川」とか自分の名前をもじった名前にしたい。

次の日も朝早いのに深夜に飲み屋に食べにいった話。終わり。

関連記事

納豆のフタってコースター代わり

納豆のフタってコースター代わりになるって知ってた?

納豆って発砲スチロールみたいな入れ物でできていて、上下が分離できま

turip

奄美大島のお土産にもらったTULIPというハムを食べてみた

奄美大島出身の会社の同僚が実家に帰ったというのでお土産を頂いた。

勝浦タンタンメン

勝浦タンタンメンのカップラーメンを食べてみた

千葉県が誇るB級後当地グルメと題する、エースコックの勝浦タンタンメ

ウィルキンソン炭酸水で割るカルピスがおいしい

ウィルキンソン炭酸水で割るカルピスがおいしい

普通の炭酸水は水道水に炭酸を入れたみたい。 でもウィルキンソンの

いつもと違う鮭フレークならカネタのぷち鮭くんがオススメ

鮭フレークはカネタのぷち鮭くんがご飯によく合う

いつものふりかけに飽きてきたらオススメしたい鮭フレークがあります。

ジャンクフード砂糖多すぎ問題

ジャンクフードに角砂糖が何個入っているのかが写真でわかるサイト

1日あたりの砂糖などの摂取量は20gが適量といわれています。角砂糖

ゴム味のグミが日本上陸

タイヤ味なHARIBOのシュネッケンというドイツのグミを食べてみた

自転車に乗るかわいい男の子のパッケージのドイツのお菓子。 この自

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
光回線からルーターのWANに繋いでUNIが光らないは初期不良です

ビッグローブ光なら【ビッグローブ光.net】 に契約し

no image
0歳の子供と一緒に寝ると腰痛い昼間眠い理由

0歳の子どもと同じフィールドで寝ています。 (親子同じ

子供のを乗せたまま上りエスカレーターに乗る
ベビーカーのまま上りと下りエスカレーターに乗る方法

ショッピングモールでは危ないのでベビーカーに子供を乗せた

自分が道路の中央より30センチ右に座っているをイメージ
車で道路の真ん中を走る方法

いろいろ情報がありますが、私が書く車で道路の真ん中を走る

no image
節約とケチ(貧乏で悲惨)の違い

大阪のケチなおばはんの本、カンサイ式節約術をちょとだけ読

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑