八尾で仕事終わった後に鶏飯-ケイハンを食べてきました。

公開日: : 最終更新日:2013/12/23 食べ飲み物

八尾の飲み屋 奄美の風
仕事の先輩と後輩と深夜に軽食を食べに行ってきました。こじんまりとした飲み屋です。
23時ぐらいだし、次の仕事も家を7時にでないといけないのでちょっとだけ飲みにという感じ。

その八尾にある飲み屋は徳之島という鹿児島の離島出身のオーナーのお店らしく、ケイハンという謎のごはんがおいしいらしいというの聞き、ちょっと気になってました。八尾の奄美の風?というお店は、アリオ八尾らへんを奈良方面に行くと、100円均一とかカメラ屋?とかある交差点で右に回ってちょっといった右側にあります。

マンゴージュースとかを飲みました。マンゴーとかシークアーサー?とかは、奄美大島とかで取れる果物らしい。まあすごく甘いジュースです。

鶏飯-ケイハン
ケイハンは鳥のだしをご飯にかけたお茶漬けのような食べ物です。

はじめはゆずの香りがしてちょっとすっぱく、錦糸卵とか出汁しいたけなどがトッピングしてあり、まぜるとささみのような鶏肉が出てきます。食べていくうちに、ショウガの味がちょっと増して温まり、最後には鳥のちょっと薄めのスープのだしで食べるという感じで味の変化が楽しめる、地元の料理という感じでした。鹿児島で食べれるらしい。

ちょっとは南の感覚を味わえることができましたよ。

そのほかにも、南の島の海草を使った卵焼きとか、焼きそばのようなものなども食べました。

奄美の焼きそばのようなもの
また時間があるときなら地酒とか飲んでみたかった。
南の島は、死ぬまでに一度は行ってみたいですね。私にとっては沖縄らへんの島っていうのは、ハワイとかみたいな感覚があるのです。

最近毎日時間が過ぎるのが早い。営業をしてたときなんて1日が3日ぐらいに感じられるぐらい長かった。毎日いやでいやで仕方なかったですからね。

今は精神と時の部屋にいるほど毎日がめくるめく過ぎていく。工場の排水のように垂れ流すだけの時間がもったいない。排水の流れで発電して、熱で発電して、さらに浄化施設できれいな水にしてから川に流すぐらい密度の濃い時間を送ってみたいものだ。
もちろんその川には魚や微生物、虫が過ごせる環境を作り、小学校から子供達が訪れ魚のつかみ取りとかもできて、名前も「いいだしっぺ川」とか自分の名前をもじった名前にしたい。

次の日も朝早いのに深夜に飲み屋に食べにいった話。終わり。

ほかにもこれ読んでみませんか?

沖縄のカップラーメンを頂く

弟のお土産を勝手に食べる!マルちゃんの沖縄そばを食べてみた

家で会社から持ち帰った仕事(ポスター作り)してました。 ひと段落

コメダ珈琲の冬限定のリンゴのシロノワール食べた

コメダ珈琲の冬限定のリンゴのシロノワール食べた

リンゴノワールというらしい。 コメダ珈琲の冬限定のリンゴのシロノワー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

りんごを3つづつふくろにいれてわけよう、無料プリント
なんこづつにわける無料教材プリント

なんこづつ○で囲んで分けるということを無料でおしえるプリ

no image
光回線の時代遅れの契約形態からの卒業

子供が3才(もうすぐ4才)にして習い事2つに行くことにな

no image
怖い言葉、多産DV

4人以上で該当してくるらしい。 4人以上の子供がいる家

no image
省令改正により、外来患者については、疑似症届の提出は不要です令和2年10月14日より

外来のコロナ陰性は発生届を出さなくていい令和2年10月1

no image
ただ株とは?働かなくて済む方法の一つであり非常に難しい選択肢の一つ

例えば200株持っていて株価が二倍になったとする。 1

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑