油2センチ、塩で180度、バッター液でカツをカリッと揚げる

公開日: : 最終更新日:2019/01/18 料理

ためしてガッテンでやっているカラカラパリパリでカリッとにカツを揚げる方法。

油の量2センチ

揚げ焼きという調理法が流行っている。
油が少ないと後始末も楽。
少ない油で両面揚げる。

カツを揚げる10秒待ってからかき混ぜる
まずは10秒待ち、それからかき混ぜながら上げる対流させる。
かき混ぜて油全体が同じ温度にしてから揚げる。

回転させたりサイドに揺らしたりして揚げる。

塩で180度を判断

180度に設定しても案外油は160度ぐらい。
塩で油が180度を判断
180度の見極め方。
パン粉を入れた瞬間広がる。
荒塩を入れて 蒸発する音で判断。
180度では入れた直後にぱちぱち心地よい音が鳴る

手でどろどろにしたバッター液

卵と小麦粉は手で握りつぶすように混ぜる。
ちょっとだまになりドロドロのような感じでいい。

パン粉は少ない量を張り付るのではなく、羽毛布団の上から触るようにする。
中の方ではパン粉が立っている。
サイドから包み込む感じで付ける。

この方法揚げるとすぐキツネ色になる。
(かき混ぜて揚げると色がつくのが早い)

カツを揚げたら立てて置いてください
そして揚げたら立てて置いてください。
3~4分余熱で蒸らす。

ほかにもこれ読んでみませんか?

リンゴを白いワインと砂糖で煮たジュレって知ってる?

この状態の名前はホワイトサングリアという料理らしいです。 料理教室で

宮城県登米市の福祉施設で作られたあぶら麩を食べた

弟が大阪の阿倍野のアマチュア映画に行ってきたチャリティーのお土産を

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
卒FIT後、契約してなかったを後悔

卒FIT後、契約してなかったを後悔‥ 関西電力は自動買

iphoneSE2が無料!AUの3Gガラケーをガチホしていたが損切り

持っているのはフミコフミオ氏が使用していたものと同じ

吉本新喜劇風の原稿、レストランのコアなファンの襲来

吉本新喜劇風の原稿を書いてみました。 暇じゃないよ?

no image
引っ越しのサカイのブラック面接?はこんな感じでした。

引っ越しのサカイの面接を受けたことがある。 ただの時間

no image
格安バス旅行は90分密室の毛皮や磁気ネックレスを売るアクセサリー屋に連れて行かれる

スーパーの懸賞の無料でバス旅行だったり、激安のバス旅行の

→もっと見る

PAGE TOP ↑