アニメと同じ車の名前、例えばラピュタなど

公開日: : 最終更新日:2019/09/16 車の楽しい情報

天空の城ラピュタの冒頭を2歳の息子と見たら、私が夢中になってしまい、息子はアニメ興味なく、自分に気をひこうとミニカー持って近づいて来ました。
目の前に顔を近づけてくるので近いです。
ところで、アニメや登場キャラの名前が車と同じなのが数台あるので知っているのをご紹介します。

マツダのラピュタ(アルトOEM)

マツダのラピュタ(アルトOEM)
まあアルトですね。
もっと天空の城に近づければ売れたんじゃないでしょうか。

スズキ アルト

ちなみにアルト君はマクロスフロンティアの主人公の名前だったと思います。
ちなみにアルト君はマクロスフロンティアの主人公の名前だったと思います。
アルト君そのままでも可愛いですよね。

日産 バサラ(マクロス7の熱気バサラ)

日産 バサラ(マクロス7の熱気バサラ)
この車のバサラの特徴は全く熱気が感じられないところです。
赤ではなく薄いゴールドが一般的です。それがまたダサい。
まさにオッサン車です。

ダイハツのメビウス(プリウスアルファOEMで静かなハイブリッドだけにサイレントメビウス)

ダイハツのメビウス(プリウスアルファOEMで静かなハイブリッドだけにサイレントメビウス
メビウスはまったく売れなかったと聞きます。
私はサイレントメビウス結構好きでした。
このメビウスはまあプリウスです。
もしかしたら、濃い紫など、サイレントメビウスを彷彿とさせればもう少し売れたかもしれません
車好きならだれでも知っている作者の麻宮騎亜は彼女のカレラの作者です。

似てるといえば日産ラフェスタ(らきすた)

似てるといえば日産ラフェスタ(らきすた)
今では走っていないですが、すごく魅力がないミニバンでラフェスタという車が有りました。
色もカラフルではなくシルバーが一般的です。
らきすたがテレビでやっていた当時はもうラフェスタは廃盤なのであまり走ってはなかったですが、「らふぇすた」は「らきすた」に似てるなぁと思っていました。
車名を「らき☆すた」に変更すればもっと売れたかもしれません。

いすゞ自動車 アスカ

いすゞ自動車 アスカ
アスカ惣流ラングレーとかいうエヴァンゲリオンのキャラがいたと思います。
いすゞは今は普通自動車作っていないトラックメーカーです。
私はアスカの最後はホンダのアコードだということを知らなかったんですが、いすゞのアスカは2.0Lディーゼルという漢らしい仕様です。
エヴァンゲリオン放送開始時に売ればもっと売れていたかもしれません

トヨタ ナディア

イプサムをベースとしたオッサン車です
イプサムをベースとしたオッサン車です。
アニメのキャラはこんなにも可愛いのに車はオッサンです。
エヴァンゲリオンの作者と同じふしぎの海のナディア。
この車が売れる方法は私にはわかりません。

スズキ エリオ

スズキのエリオをかまってちゃん
エリオをかまってちゃん。
可愛すぎるキャラに対しこの車は特段に印象には残っていない。
パッソプチプチプチトヨタみたいに、可愛い宇宙人エリオちゃん展開すれば少しは売れるかもしれない。

他にもあったら誰か教えてください。
ガンダムのガイア、ヒカルの碁のサイも載せる予定。
(誰かが既にやってるだろうなと思って書きました)

ほかにもこれ読んでみませんか?

オデッセイのオイルエレメントの場所

オデッセイのエンジンオイル交換、エレメントの場所

オデッセイのエンジンオイル交換してた。 ホンダのエンジンはオイル

実車ゼンマイブレーキの構造

アイデア:実車でチョロQゼンマイハイブリッドも可能では?

回生ブレーキとは、電車とかハイブリッド車や電気自動車についているブレー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
真夏の太陽とミスチルのイノセントワールドの雰囲気が似てる気がする

息子3歳の保育園の運動会のダンスは、真夏の太陽(大原櫻子

アズノール軟膏の色は水色でおしゃれ
無料の無限リップといえばアズノール軟膏

口内炎がひどすぎて唇が腫れている。 唇全体が腫れて

りんごを3つづつふくろにいれてわけよう、無料プリント
なんこづつにわける無料教材プリント

なんこづつ○で囲んで分けるということを無料でおしえるプリ

no image
光回線の時代遅れの契約形態からの卒業

子供が3才(もうすぐ4才)にして習い事2つに行くことにな

no image
怖い言葉、多産DV

4人以上で該当してくるらしい。 4人以上の子供がいる家

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑