軽ワゴンの燃費が悪い理由

公開日: : 車の楽しい情報

以前、軽自動車のターボが燃費が悪い理由を書きました。
次は、箱バンの軽自動車の燃費が悪い理由を書きます。
箱バンタイプの軽自動車とは、アトレーワゴン、バモスなどです。

今は軽ワゴンよりハイトワゴンの時代です

箱バンよりハイトワゴンの方がかっこよくないですか?
デカデカ(wake)とか、タント、N-BOX、デイズルークスでも十分広く、さらに燃費がいいです。
ウェイクなんかは自転車を縦に置けますからね。
今の時代、バンタイプを買う人は、営業車両や貨物車両目的、もしくは古い感覚を持った人向けかもしれません。

軽ワゴンは重いし貨物用だから燃費が悪い

アトレーワゴンターボ
軽のワゴンは大きい分重いので燃費が悪いのです。
さらに貨物用なので重いものを積んでも走れるようにギア比を上げてありエンジンの回転数が高い。

貨物用だから後輪駆動です。
前にある非力な660ccエンジンでドライブシャフトを通じて後ろのタイヤだけ回転させます。
ドライブシャフト分の損失もあるんじゃないでしょうか。
(スバルサンバーはリアエンジンリア駆動のRRでした)

前輪駆動にすると、重いものを後ろに積んだら前が上がってしまい、昇り道でスリップしてしまいます。
(買う人の用途の違いですね、運送で使いたいでしょうし)

だが軽ワゴンに少ないがフリークがいる

そう考えると、一般家庭で車を選ぶなら絶対箱バンじゃなくハイトワゴンですよね。
一般家庭ならば重いものを運ばないので、重いものを運ぶために燃費を悪くした車はいりません。

でも家の父もアトレーワゴン大好きだし、職場の上司もバモスに乗っていたりします。
箱バンが好きな層っていうのも少なからずあるみたい。
だからこそ、メーカーは燃費のいい最新の箱バンを出せばちょっと注目されるんじゃないかとも思いますね。

営業車両や貨物車両がエコカーだと経費削減にも繋がりますし。

ほかにもこれ読んでみませんか?

マフラー交換中

新型プリウスに爆音マフラー交換。ノーマルバンパー用

弟が新車でプリウスを買いました。 納車してすぐ爆音マフラーに交換

atraiturbo

軽自動車のターボが燃費が悪い理由

軽自動車とは、660ccのエンジンを持った小型車を指します。 6

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
建売を逃したが高い金額を入札しないことにした

家を買うのをしぶると、値下げ交渉しても、購入の手続きをし

no image
奈良県のゴキブリが怖くない理由

大阪といえば黒ゴキ。 その5センチは軽く超える巨大さと

no image
マイホームを決算時期に即決で買えなかった理由はやはり心の準備ができていなかったということか

約半年前、マイホームを決算時期に即決で買えなかった理由は

no image
ファースト住建の悪口とマイホーム選びで学んだ事

3月決算とき家の値段が下がっているのは売れ残り。 売れ

食べたら寿命が3日伸びる卵をもらった
食べたら寿命が3日伸びる卵をもらった

ういらんという卵を貰った。 wining run 

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑