DQNカーのオデッセイを見に八尾市のAutoActionという中古車屋に行って来た

公開日: : 車の楽しい情報

autoactionのお店
DQNクラウンが欲しいと言っていたが、どうやらオデッセイに変わったみたい。
というわけで八尾市にあるAutoActionという中古車屋に行ってきました。
東大阪のORDERというお店もそうでしたが、DQNカーは置いてあるだけで売れるみたい。どうやら改造車は普通の中古車屋では買えないから、
フルエアロローダウンなどを施してあるDQNカーと言うのは、ニッチ分野で需要があるみたいです。

弟が欲しいと言うオデッセイを見ましたが、オデッセイってノーマルでもいかついのに、
黒塗りでエアロがついてさらにいかつくなっています。

特徴的なのは、黒を塗りなおし、ホイルとタイヤなんてオートウェイである激安商品が付いているところですね。
最近の中古車屋って修理技術が発達しているので、結構ぼろい車を仕入れても年式が新しければ、新品同様まで綺麗に修正して中古車として販売するようです。

いろいろ見せていただきました
八尾市のAutoActionというお店の車は見た目が非常に綺麗で内装も新品のようです。
そりゃあへこみや傷はありましたけど、結構入念に綺麗に整理してある感じがしました。
(東大阪の店の場合はこんなもんかなと思いましたが、こちらは綺麗でした)
車高も低く、車の底から見えるボディー状況もわからないし、
オヤジがいうにはエンジンルームも新品同様まで掃除してあるみたいです。
相手も販売のプロですからね。

中古車って変な商売だなぁでも、厳しくもあり楽しいかもしれないなぁと思いました。
この型のDQNオデッセイで100万円ぐらいだそうです。
でも内装も綺麗だし、外見もピカピカなので、100万は妥当なんじゃないかなぁ~と思いましたとさ。
車は高い買い物なので、慎重に選んで欲しいと思います。

ほかにもこれ読んでみませんか?

買うなら新車と中古車どっち?バレーノやミラージュがおすすめ

バレーノが逆輸入をプラスイメージに印象を与えている。 なぜミラージュ

トヨタのベルタを運転した感想・レビュー

仕事で一日訪問だったのでこの車をレンタカーで借りました。遠出に使い

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
吉本新喜劇風の原稿、レストランのコアなファンの襲来

吉本新喜劇風の原稿を書いてみました。 暇じゃないよ?

no image
引っ越しのサカイのブラック面接?はこんな感じでした。

引っ越しのサカイの面接を受けたことがある。 ただの時間

no image
格安バス旅行は90分密室の毛皮や磁気ネックレスを売るアクセサリー屋に連れて行かれる

スーパーの懸賞の無料でバス旅行だったり、激安のバス旅行の

ベネッセのなぞりんパッドとワコムタブレットペン

今の時代にこんなゲームボーイみたいな 白黒で画面小さい

原因はコイツ。5歳息子がコイツという言葉を覚えてしまった

5歳息子がコイツという言葉を覚えてしまった 親の自分が

→もっと見る

PAGE TOP ↑