アトレーワゴンのブレーキパッド交換-TopLead

公開日: : 最終更新日:2015/07/11 車の楽しい情報


オヤジがアトレーワゴンターボのブレーキ交換してたので写真とって見ました。
アトレーワゴンと初代ヴィッツって、平成14年ぐらいの雰囲気が同じで、
同世代の車が並んでるなーと思います。
この頃の車はデザインでなぜか局部がまるっこいのが多いです。


このパカっと開いたのが、フットブレーキを踏んだ時に動く、ブレーキパッドを抑える部分「ブレーキキャリパー」です。
このブレーキキャリパの裏側には油圧で動くシリンダーがついていて、そのシリンダーの抑え具合で、ディスクブレーキをブレーキパッドが押さえ込む形で摩擦が増し、減速します。


ブレーキパッドの減り具合が一目瞭然なんですが、軽自動車のターボのオートマってこんなにブレーキが減りやすいんですね。
4万キロで、もうこの薄さです。
オヤジがいうには、オートマはブレーキパッドの交換は4万キロ。
マニュアルは3倍は走れるだろうと言ってました。


ブレーキパッドを抑えるときには、鳴き防止の金具が付いています。
スポーツ用ではついてないらしいです。
親父ががいうには、新品のブレーキはちょっとだけ面取りし、この鳴き防止カバーなどにちょっとグリスを塗れば、より鳴かないらしいです。鳴くっていうのはおそらく、キーーーッっていう音の事でしょう。


全国送料無料!★ハイゼットアトレー S220G S220V S230V S230G S120V フロントパット★
今回交換に使ったのは、ヤマト自動車という会社のブランド、Topleadという台湾製のブレーキパッドです。
送料込みで2700円です。自分で交換するのは安くつきますが、手も汚れるし、難しいし初心者には不可能です。
さらにブレーキオイル交換もついでにするそうですが、より初心者にはできないですね。
ブレーキパッドを購入する時は、ターボとターボなしでは品番が違うことがあるので注意です。

ほかにもこれ読んでみませんか?

京都八幡市のポンコツ屋、スクラップ工場に行って来た

父が昔から通っている、自分で取り外す系のポンコツ屋に行ってきました

改造EV(自動車用電気モーター改造キット)が今後流行るかも?

取り上げられていたのは愛媛県。 EVは地方が世界に生み出す産業と

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

無料勉強教材とおい駅、ちかい駅
ようすことばを無料で4才~5才に教える教材

これはようすことばを教える無料ワークですが、レベルが低す

くっつき言葉、幼児4才~5才無料ワーク
くっつきことば 無料 練習プリント 4才~5歳

4才から5歳で勉強するくっつき言葉の無料練習プリントです

no image
中学生が高校に興味があると思うほうがおかしい

NHKのウワサの保護者会見てたら、 中学生になると学生

no image
岡山県湯原ダムのポルシェの別荘とオオサンショウウオの話

ポルシェのおっちゃんの別荘に行った時、 夜に水道の蛇口

no image
サイト譲渡に伴う運営者変更について

サイト譲渡に伴い運営者変更となります。 詳細は後日。

→もっと見る

PAGE TOP ↑