4代目アトレーワゴンのターボのレビュー

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 車の楽しい情報


ヴィッツと比べると走らないと思っていたが、一日乗ってみて、ターボ無しの軽自動車と比べると結構走ることがわかりました。
今までは排気量が少ないのでアクセルを踏んで無理に加速させようとしていたのですが、今回はアクセルをあまり踏まずに走っているとまあいい具合に加速するんですよ。
無駄に加速させないで一般道を走るには、軽自動車のターボもいいもんだと思いましたよ。

軽のターボはパワフルでまあまあ低回転で60キロ~70キロ走れる

2500~3000回転で60~70キロで走れます。
(ATのギア比も考えると70キロ以上出すと燃費が一気に悪くなりそうです。)
低回転域でもターボの恩恵は受けられていて、
ワゴンRと比べてみると、無理をせずに加速し走れるという印象です。
エンジンが無理をしている状態が一番ガソリンを食うので、ターボ無しのちょっと昔の型のワゴンRでは普通の一般道の流れに乗ることすら無理をせざるを得なく、ガソリン食いまくりの状態でしたね。街乗りの燃費はリッター10キロ以下です。

新型ムーブは無段回変速CVTでした、回転数を稼がなければ加速しないのですが、非常にまったりした加速でした。
ですが、やはりCVTは以前の記事で書いたとおり、低回転域でも高速巡回が可能です。もしこの新型ムーブがターボだったらもっと快適に運転できたでしょう。
そんなことがアトレーワゴンターボに乗ってみて実感しました。

S220GやS230GにHIDつけるのお勧めです


★業販大歓迎★★アトレー/アトレーワゴン★H11.1~ S220,230★ヘッド★H4★55W HIDキット…
ちなみに親父のアトレーワゴンは無理やりヘッドライトをHIDに交換しています。
サンヨーテクニカの安いHIDです。
自分で変えられるのであれば非常に安価でできますし、山道を走ったときは明るいので非常に運転が楽でした。

普通車であれば80キロ~90キロが走りやすいが、別に飛ばす必要も無いので
アトレーワゴンでは60キロ~70キロぐらいしか出さない走り方をすると非常に楽に巡回できる事がわかりました。
軽自動車のターボってただ燃費が悪いだけと思っていたけど考えがちょっと薄れました。たぶんターボのCVTならもっと快適でしょう。

CVTのおかげで、さらに欲をだせばターボのおかげでエンジンが弱いという印象はなくなりました。
だけどやっぱり軽自動車の弱みは狭いところです。
普通車から、タントなどの結構快適にのれる広さの軽自動車に乗り換えるのであればすんなり乗りかえれるんじゃないでしょうか。
普通車は税金が4万円ぐらいするけど、軽自動車は7500円ぐらいと維持費も安いですよ。弱みが理解できたり、車の所持費用を抑えるなら軽自動車は非常にいいものですねえ。

ほかにもこれ読んでみませんか?

どちらの道が一旦停止?交差点での優先順位とは?

どちらの道が一旦停止?交差点での優先順位とは?

運転初心者に教えたいシリーズです 道路には、必ずブレーキをかけて一旦

京都八幡市にあるポンコツ屋、スクラップ工場に行って来た

京都八幡市のポンコツ屋、スクラップ工場に行って来た

父が昔から通っている、自分で取り外す系のポンコツ屋に行ってきました

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
真夏の太陽とミスチルのイノセントワールドの雰囲気が似てる気がする

息子3歳の保育園の運動会のダンスは、真夏の太陽(大原櫻子

アズノール軟膏の色は水色でおしゃれ
無料の無限リップクリームといえばアズノール軟膏

口内炎がひどすぎて唇が腫れている。 唇全体が腫れて

りんごを3つづつふくろにいれてわけよう、無料プリント
なんこづつにわける無料教材プリント

なんこづつ○で囲んで分けるということを無料でおしえるプリ

no image
光回線の時代遅れの契約形態からの卒業

子供が3才(もうすぐ4才)にして習い事2つに行くことにな

no image
怖い言葉、多産DV

4人以上で該当してくるらしい。 4人以上の子供がいる家

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑