プラグインハイブリッド車とは?NHKスペシャルの自動車革命の感想

公開日: : 最終更新日:2014/01/09 車の楽しい情報

現在走っている車の大部分はガソリン車です。
電気車はまだ普及しておらず、その代わりにエンジンと電気を両方使うハイブリッド自動車が普及しています。NHKの自動車革命では、トヨタの考え方を全面的に出して説明しています。

ハイブリッド自動車の将来の展望として、電気自動車が現在投入されていますが、電気自動車は現時点では普及は時期的に速いので普及せず、プラグインハイブリッド車という車が次の業界の先導を行くと考えているようです。


プラグインハイブリッド車とは、ハイブリッドカーがガソリンを主力にするのに対し、電気を主力にして動く車の事です。
プラグインハイブリッド車には大型リチウムイオン電池をつんでおり、家庭用電源で充電することができ、電池がなくなってもガソリンエンジンがついていて
長く走行することが出来ます。

一方、現在エコカーの主力になっているハイブリッド車は日本ではトヨタのプリウス、ホンダのインサイトが主流です。
なぜこの2代メーカーなのかというと、ハイブリッドの構造というのは製造から設計があまりに難しく、簡単に、しかも値段を安く生産できるメーカーが他にないのです。
(初代が発売された時、当初プリウスは売るだけで赤字と言われていました。)

電気自動車では、もちろん日産、マツダなども参入します。
NHKの番組では、トヨタの販売戦略会議が映り、次の次世代のエコカーとして、ハイブリッド技術を活かしたトヨタだけが出来る技術だと宣伝しています。



続いて自動車大手メーカーが危惧していること。

電気自動車の時代になれば車の構造が簡単になり、新規参入が簡単になる。

通常の自動車は製作するのに部品が3万点以上必要といわれています。
ハイブリッドは高度な技術を必要とするので世界一のメーカーであるトヨタに追いつくことは不可能なのです。

ですが、今後電池が大容量で長持ちするようになり、ガソリン自動車に代わり電気自動車が主流になることはわかっている事実です。

電気自動車は、部品個数が3万点以上といわれる自動車の部品を1万点(3分の1)に抑えることができ、構造が簡単なので比較的簡単に生産することが出来ます。
(エンジンよりも熱やエネルギーを消費しないし、エンジンは数社しか生産していないが、モーターはいくらでも手に入る。)

海外ではベンチャー企業の参入が盛んに行われており、アメリカ大手自動車メーカーのGM(ジェネラルモーターズ)が電気自動車のベンチャー企業に買収されるということも起きています。

電気は家庭用で充電が可能で、今まで問題になっていた専用ガソリンスタンドを作る必要もない。(アルコール、水素、天然ガスなど他のエネルギー源を使う場合は、日本中、世界中に充填用のガソリンスタンドが必要なのです。)
そういう点も踏まえ、トヨタは今が正念場と話しているのです。

電気自動車が日本ではまったく普及していない理由

今の時点ではガソリンが安く手に入ること、どこでも給油できること、ガソリン車の値段が安いことなどが上げられます。
電気自動車は大型電池をつまなければいけないため車体価格が高額になります。

対抗として、タクシーでよくある天燃ガス自動車や、海外では普及できなかったアルコール、水素自動車などありますが、ガソリンスタンドが普及しないと燃料代が高価なため、普及はできませんでした。

電気自動車は家庭用コンセントで充電できるのでその問題はクリアしています。
電気自動車の最大の難点としては、充電した電池がなくなることです。

おまけで日本で自動車ベンチャーが栄えれない理由

浅はかですが、日本では新しい企業というのは社会に受けれられない構造にあります。
海外のように、もしベンチャーが資金力もあり、電気自動車事業をやったとして最大の問題は、衝突安全性や、日本の規格に沿ったものを作る難しさとノウハウのなさにぶち当たるでしょう。

そういう規格がなかった昭和初期などはいろいろなメーカーが参入することが容易なのです。
中国やその他では、衝突安全基準や、その他規格がないので
車の形をしていてバッテリーとモーターさえつめば車として販売できます。
それが出来ない日本で自動車ベンチャーが花開くのは非常に難しいでしょう。

トヨタがすすめるプラグインハイブリッド車では?

プラグインハイブリッド車では、ガソリンも補助として使うので、電池の容量を小さく出来ます。

電気自動車が抱える電池がすぐになくなるという問題と、リチウムイオン電池はレアメタルを使うために値段が高くなってしまいます。
アメリカでのあるベンチャー企業の電気自動車は、2人のりの電気自動車は500万円から1000万円するのです。

その一方トヨタは、ガソリンを使うことで電池の大きさを減らし、値段も抑え、走行距離も長いと説明しています。
ハイブリッドカーの技術を活かした戦略といえるでしょう。

・・・このように、
普段何気に車に乗っていますが、身近な世界一の世界一の製品である車に乗っているわけです。
世界で一番ということは、世界で一番作るが難しいともいえます。
コスト削減や、燃費向上、納期など、私達は世界最高水準の車に乗っているわけです。

すごいのは、プリウスのリチウムバッテリー生産が間に合っているということ。
あれだけ売れているプリウスの縁の下の力持ちの下請け会社はすごいですね。

私も次乗り換えるなら電気自動車かな?と思っています。
モータースポーツも電気自動車が参入していくでしょう。
楽しみですね。

ほかにもこれ読んでみませんか?

オデッセイが大量に在庫

DQNカーのクラウンのフルエアロを見に東大阪のORDERというお店に行って来た

弟がDQNカーを買いたいというので、 大阪で一番安いであろう東大

オデッセイのスモークヘッドライト完成

オデッセイのヘッドライトをスモークにするシールを貼る

弟がせっせと貼り付けてました。 ヘッドライトを黒く見せるためのシ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
関電ためとくさーびす申し込みページは?どれだけ得する?

太陽光48円買い取が11月から8円になり実質8割ダウンし

CPUクーラーのところはなんとホコリですべてフィンが埋まってました
パソコンをつけたらプープープーと3回ビープ音が鳴って起動しない3つの原因

ウインドウズVISTAまでの時代、98や2000はパソコ

no image
なになにDを4つ集めた。両サイドD、ギュッとしてD、切迫するD、イニシャルD

イニシャルDが好きだったので、なになにDは他にないかなと

アドバンのレースカーのランエボみたい
当たりとはずれがあるトミカファクトリー・トミカ組み立て工場。アドバンのランエボみたい

このランエボかっこいでしょ。 トミカ組み立て工場の

no image
chuuiとwajun?令和の激安パソコンは中国メーカーのチュウイとワジュンだ!

激安パソコンが最近激動しています。 chuuiとwaj

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑