30代のリアルな貧困女子がテーマのボクシング映画「百円の恋」見てきた

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 ドラマ・映画・本・小説・サブカル

30代のリアルな貧困女子がテーマのボクシング映画「百円の恋」見てきた
デートで「百円の恋」見てきました。
R15指定で、女性でも見れるかな?
と思ったけど、映画館には女性も多かったので助かった。
貧困女子の周りの底辺の生活をリアルに描いた内容です。

30代女性のNEETが家を追い出されて一人暮らし、コンビニバイトやその周りでの人間関係がリアルに描かれています。
第一回松田勇作賞のグランプリ作品で、少々ハードボイルドを追求したらそうなるのは仕方ないです。

ボクシングで勝てないまま37歳の定年を迎えた(ライセンス失効)のダメ人間。
に初恋した主人公の一子は女性のプロ資格を受けれる最後の年齢32歳。


主人公は片思いというか、初めて出会ったであろう男性である。
劇中もぜんぜん会えないままボクシングに励むわけで、普通の人ならそれで終わるかもしれないが、それが初恋だと思うと納得できる底辺だけどピュアな心。
主人公の役者魂が光る映画でした。

悲しかったのが、シネリーブル梅田のスクリーンが悪く、顔が全然見えなかったこと。
役者の表情が真っ黒で見えない。
大阪ではここでしかやったなかったのが残念ではある。
DVDなどが発売されたらもっと詳しく見たい。
特に一子が風邪を引いて、狩野に焼いてもらった肉を噛み切れなかったところの表情とか。脂身が噛み切れず伸びていたが、天然が重なった最高の演技なんだろうな。

あと曲中のBGMが少なかったこと。
だけど主題歌のクリープハイプ「百八円の恋」最高によかった。
映画の最後も一子にとってのグッドエンディングであり、後味もよかった。
(入院したコンビニの店長はあとどうなったんだろうと気になる。)

主題歌のクリープハイプ「百八円の恋」は下で再生できます。

関連記事

大和田常務

半沢直樹の土下座は親子2代の屈辱

半沢直樹がここまで大和田常務に土下座をすることが屈辱的なのは 自分の

半沢本

半沢直樹、俺の上司が不祥事しないので倍返しできない

ブラック企業、ブラック上司、ブラック同僚… 必ずしも本人は私利私欲の

チームバチスタ4のオチ推理

バチスタ4の殺人方法はキセノンガスと筋弛緩剤

やっぱりドラマからかもしれませんが、映像などしょぼかったです。

本棚のイメージ

イケダハヤトさんの書き方 本の内容の引用は利益になる

イケダハヤトさんの本棚ブログは楽しい。 本のレビューと自分の意見に加

困ってるひと-大野更紗のレビュー感想

女子大生が痛い文章で語る難病闘病エッセイで日本の医療を見る

困ってるひと-大野更紗のレビュー、感想です。 久しぶりのネタバレ

no image

私が漫画や小説が好きな理由は作者の暮らしからでた妄想の結果だから

創作によって対価(お金)が得られるが仕事とは違う。私が思うに仕事とはお

バナナ炎のノープランロケはなかなか面白い

バナナマン日村「旅は自分から参加していかないとだめ」

バナナ炎のノープランロケはなかなか面白い。 運転が日村で後部座席

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
頑張ってるバカがここにいますよ!タイトルを変更した理由

なぜタイトルをこれだブログに変更したかって? 源泉徴収

no image
残業多くて子育てできない職場は誰も働かない

少子化でこれから安い給料で過酷な職場は人の確保が難しくな

no image
電気で走る軽自動車は無いがワゴンR2017フルモデルチェンジに期待

今普通車から軽自動車に乗り換えることを考え中。 軽自動

外見が草食系で中身が肉食系の男性のことをロールキャベツ
外見が草食系で中身が肉食系の男性のことをロールキャベツというらしい

外見が草食系で中身が肉食系の男性のことをロールキャベ

ダウン症に幸せですか?と聞くと95%がはいと答えた
ダウン症に幸せですか?と聞くと95%がはいと答えた

以前テレビかなんかでこんなテーマがあった。 ダウン

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑