ジェネラル・ルージュの凱旋、堺雅人 高嶋政伸が主演の映画の感想

公開日: : 最終更新日:2015/07/14 ドラマ・映画・本・小説・サブカル

ジェネラルルージュの堺雅人
映画を見てから一日後なのですが、面白かったので感想を書きました。
大学病院の救急医療を舞台にした、チームバチスタの続編で面白かったです。
現場の疲弊、真面目の怖さ、アホの怖さを思い知らされる、医療現場ではよくあることを書いたテーマでした。
たった短い時間で緊張と面白さを詰め込むのは、前作もそうでした非常にうまいです。

主演俳優が有名どころを使っていて、阿部寛(テルマエロマエ)、堺雅人(半沢リーガルハイ)、高嶋政伸、野際陽子(最強の名医)に今話題の山本太郎に、主演4人が後のテルマエロマエ、半沢直樹、リーガルハイ、DOCTORS最強の名医の人気の元になったような映画で今見ても楽しめました。

最近テレビのバラエティー番組が面白くない理由として、同じ人ばかり出る。
どのチャンネルを見ても同じ人が出演している。まあ身近に感じれるという利点はあるんですがね。

堺雅人演技がうまい、疲弊した感じ、さらには狂人のような風貌、だが真面目、やっぱり医療は真面目だと崩壊に向かうのが常のようですね。
真面目な人だけがバカを見るというか、そうした責任感の強い人で現場が回っているという感じ。
病院の管理職になればなるほど現場を理解できない、水と油のような関係。
今の時代、現場は人を入れ替えればいいだけで済みます。果たしてそれでいいのかという感じ。

山本太朗ももったいないぐらいいい味を出していました。
体育会系体格と肌の色、臭そうなんですが、それが現場を駆け回る若い医師のイメージにぴったり。(医者というのは辛く厳しい救急医療を自ら選んでいるのです)

真面目であるがゆえに、救急医療チームが崩壊しかかっている。
救急センター長の速水は、自分がこの仕事を引き受けたときは、病院が協力し、ドクターヘリも対応すると行っていたが、
いつの間にか話がなくなった。一旦崩壊させる為にも自分が動いたと話していた。
病院の管理職達は初めは協力すると言いながら、もうその話題は忘れてしまった。
だが真面目な現場は努力していた。誰にも気付かれないまま。
田口先生が速水の話を聞いて涙を流していた理由はこれでしょう。
まさに水と油の関係。

最終的には田口先生が仲裁に入る形になった。
チームバチスタでは最高の医者に4流手術チームだったが、今回は最高の救急医療チームであるがゆえの疲弊と限界を書いた物。
これに殺人事件のミステリーが加わるという詰め込み展開で面白かったです。
ジェネラル・ルージュの理由もね。

【送料無料】【新品・未開封】ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]

ほかにもこれ読んでみませんか?

大和田常務

半沢直樹の土下座は親子2代の屈辱

半沢直樹がここまで大和田常務に土下座をすることが屈辱的なのは 自分の

銀魂完結編の画像

銀魂のアニメ最終回、完結編の映画みてきた

映画の上映開始時間が、私の希望にあわなくて、イオン茨木まで行って銀

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
ブロック塀は終了。ステンレス柵を作る会社の株が上がる

ブロック塀は、ただブロックをセメントで上に積み上げただけ

シュークリームと交換した息子の絵
息子の絵が100円で売れた?銀座コージーコーナーシュークリームもらった

子供の絵を店頭に置いてある台紙に書いて店頭で提出する

地元の平野区のスーパー玉出平野は小学校の隣にあった。
スーパー玉出の思い出は生臭い

地元の平野区のスーパー玉出平野は小学校の隣にあった。

売れ残りはアーネストワンの建売が多いのも事実
アーネストワンの悪口

網戸や雨戸がついていない 庭が土のまま(外溝工事を

蓋をくるくる回して遊んでいます
息子のおもちゃ、蓋がとれない眼鏡ケース

蓋が取れそうで取れない眼鏡ケースを息子が気に入ってい

→もっと見る

  • いいだしっぺ(これでいいだ)
    ブログのもくじ 私のプロフィール
    現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑