チームバチスタの栄光の感想

公開日: : 最終更新日:2017/07/22 ドラマ・映画・本・小説・サブカル


チーム・バチスタの栄光せっかくの3連休!1日で読みきりました。

外科とはまったく関係のない分野である神経内科医 不定愁訴外来 田口先生が心臓手術中の死が4連続続いた謎について、気分はのらなくも追求し、以外な事実に直面するという内容の小説です。

手術室という密室。
なぜ連続術中死が起こったのか?
不運が重なっただけか?
はたまた天才外科医の医療ミスか?
それとも・・・?

手術中にはたった6名ぐらいしかいないのに加え、
病院の手術というのは、血液検査、人工心臓、すべて人によって複数監視されている
状況で、手術執刀の天才外科医自ら「ミスは自覚できない。ミスかそれとも原因があるのか追求して欲しい」
という依頼を元に田口医師が奔走する物語。

この題材を見てもおもしろい。

病院、大学病院という空間の表現に加え、
術中死と医療ミス、殺人について鋭く切り込みを入れています。

さらに病院の管理体制は人によって行われるもの。
仕事関係上、100%人と人との信頼関係はありえない。
底から生まれる裏の事情。

この小説が読みやすくされている点は、
登場人物が比較的少ないことに加え、
非常にミステリー小説として読みやすい要素があります。

術中死の理由もひとつではないというのも楽しませるところですね。

実際、バチスタ手術中に術中死が起こる。
医師が求められる立件についてあいまいなまま終わるところも
現代の医療と法的な追及についてを表していておもしろい。

術中死が5件起こりますが、
患者は桐生先生に心酔し、信頼しきっているので、
すべて了承の上での死ということになり、

読者は純粋に
手術室でされた密室殺人のミステリーを味わうことが出来ます。

チームバチスタの栄光の結末では
そうではありませんでしたが、白い巨塔では
術中死してしまた患者遺族との争いが非常に多く書かれています。

このミステリー小説だけを読んで
医者が直面している法との境については何も理解する糸口はつかめないですが、
純粋にミステリー小説としておもしろい小説でした。

ストーリーが終わった後の余韻も書いてあるところが非常に
読者のために書かれているんだなぁと思いました。

追記:
最近更新するネタが無かったのです。
風立ちぬも読みました。
リアルが充実していないもので休みの日も特に小説読む以外なにもしてない。
ああ、リア充になりたい・・・。


チーム・バチスタの栄光新装版 (宝島社文庫) [ 海堂尊 ]

ほかにもこれ読んでみませんか?

バチスタ4の殺人方法はキセノンガスと筋弛緩剤

やっぱりドラマからかもしれませんが、映像などしょぼかったです。

奄美大島のお土産にもらったTULIPというハムを食べてみた

奄美大島出身の会社の同僚が実家に帰ったというのでお土産を頂いた。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

家の外についている電気給湯器ブレーカーテスト
ふろ自動を押しても、おふろに栓をしてください、で止まる

うちの中古の家はタカラスタンダードのebcf-4とい

たこ焼きの利点は調理が簡単で、息子と一緒に作れるところ
たこ焼きの生地が硬い、丸まらない、ソースが濃いから改良しました

ニトリの1500円のタコ焼き器が以前から欲しかったけど、

眉毛の形をスマホアプリで整えるいい方法を思いついた
眉毛の形をスマホアプリで整えるいい方法を思いついた

眉毛の形を整えるのは初心者には無理。 女性は化粧に

no image
なぜ寝てるのを無理やり起こしてお茶、歯磨き、トイレのルーチンをするのか

寝たいときに寝かせてあげたいのに 寝る前には絶対にお茶

この赤いケーブルをデスクトップパソコンに繋げると電源が切れた
umidejiのスマホが充電できないは電源の接触不良かと思いきや?

1か月前からumidejiのスマホが充電できるときと出来

→もっと見る

  • これだブログ
    ブログのもくじ 現代の幸福論に挑戦しています。
    ウクレレブログ好き。

PAGE TOP ↑