チームバチスタの栄光の感想

公開日: : 最終更新日:2017/07/22 ドラマ・映画・本・小説・サブカル


チーム・バチスタの栄光せっかくの3連休!1日で読みきりました。

外科とはまったく関係のない分野である神経内科医 不定愁訴外来 田口先生が心臓手術中の死が4連続続いた謎について、気分はのらなくも追求し、以外な事実に直面するという内容の小説です。

手術室という密室。
なぜ連続術中死が起こったのか?
不運が重なっただけか?
はたまた天才外科医の医療ミスか?
それとも・・・?

手術中にはたった6名ぐらいしかいないのに加え、
病院の手術というのは、血液検査、人工心臓、すべて人によって複数監視されている
状況で、手術執刀の天才外科医自ら「ミスは自覚できない。ミスかそれとも原因があるのか追求して欲しい」
という依頼を元に田口医師が奔走する物語。

この題材を見てもおもしろい。

病院、大学病院という空間の表現に加え、
術中死と医療ミス、殺人について鋭く切り込みを入れています。

さらに病院の管理体制は人によって行われるもの。
仕事関係上、100%人と人との信頼関係はありえない。
底から生まれる裏の事情。

この小説が読みやすくされている点は、
登場人物が比較的少ないことに加え、
非常にミステリー小説として読みやすい要素があります。

術中死の理由もひとつではないというのも楽しませるところですね。

実際、バチスタ手術中に術中死が起こる。
医師が求められる立件についてあいまいなまま終わるところも
現代の医療と法的な追及についてを表していておもしろい。

術中死が5件起こりますが、
患者は桐生先生に心酔し、信頼しきっているので、
すべて了承の上での死ということになり、

読者は純粋に
手術室でされた密室殺人のミステリーを味わうことが出来ます。

チームバチスタの栄光の結末では
そうではありませんでしたが、白い巨塔では
術中死してしまた患者遺族との争いが非常に多く書かれています。

このミステリー小説だけを読んで
医者が直面している法との境については何も理解する糸口はつかめないですが、
純粋にミステリー小説としておもしろい小説でした。

ストーリーが終わった後の余韻も書いてあるところが非常に
読者のために書かれているんだなぁと思いました。

追記:
最近更新するネタが無かったのです。
風立ちぬも読みました。
リアルが充実していないもので休みの日も特に小説読む以外なにもしてない。
ああ、リア充になりたい・・・。


チーム・バチスタの栄光新装版 (宝島社文庫) [ 海堂尊 ]

ほかにもこれ読んでみませんか?

no image

著者にとって本がゴミになるのと古本として流れるのはどっちがましか?

ebookoffをはじめて使った 書いた人には申し訳ないけど欲しい本

no image

私が漫画や小説が好きな理由は作者の暮らしからでた妄想の結果だから

創作によって対価(お金)が得られるが仕事とは違う。私が思うに仕事とはお

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

時代は光じゃなくホームルーターだな。

no image
中学生が高校に興味があると思うほうがおかしい

NHKのウワサの保護者会見てたら、 中学生になると学生

no image
岡山県湯原ダムのポルシェの別荘とオオサンショウウオの話

ポルシェのおっちゃんの別荘に行った時、 夜に水道の蛇口

no image
サイト譲渡に伴う運営者変更について

サイト譲渡に伴い運営者変更となります。 詳細は後日。

トミカの高速道路と建設現場は中途半端に合体できる
トミカの高速道路と建設現場は中途半端に合体できる

建設現場は親戚に借りているんだけど、 この建設現場

wordpress 検索で&x=&y=を消す方法、kubrickは関係ない
wordpress 検索で&x=&y=を消す方法、kubrickは関係ない

もう何年も前から気づいていましたが放置していました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑